あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-05-20

予告編

黒木華×柄本佑『先生、私の隣に座っていただけませんか?』予告編|漫画家夫婦の究極の心理戦!


黒木華・柄本佑がダブル主演を務める映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』の予告編、ポスタービジュアル、追加キャスト、主題歌情報が一挙解禁された。

本作は、『嘘を愛する女』(18)や『哀愁しんでれら』(21)などクオリティの高い作品を輩出してきたオリジナル作品の企画コンテスト「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2018」の準グランプリ作品を映画化。漫画家の佐和子役を黒木華、佐和子の夫で、同じく漫画家の俊夫役を柄本佑が務める。



今回発表された追加キャストは、佐和子が通う自動車教習所の先生役の金子大地、佐和子の担当編集者・千佳役の奈緒、さらに佐和子の母親役の風吹ジュン。映画、ドラマ、舞台と幅広い分野で活躍する実力派俳優陣が集結した。

予告編と同時に解禁となった主題歌を担当するのは、今年4月にメジャーデビュー、1stシングル「ここで息をして」は人気TVアニメのエンディング主題歌として話題沸騰中、その多彩なソングライティング・センスで多数のアーティストに楽曲提供も行い、2021年ブレイクアーティストとして注目されているシンガーソングライター・eill(エイル)。予告編中盤からは、eillの甘く切ない歌声で歌い上げられる、竹内まりやの名曲「プラスティック・ラブ」が「さて、夫はどんな顔をするだろうか?」という佐和子の謎めいたセリフと相まり、深い余韻を残している。


ストーリー 

結婚5年目の夏。夫が不倫をした。それはよくある夫婦の出来事、のはずだった・・・漫画家・佐和子の新作漫画のテーマは・・・「不倫」そこには、自分たちとよく似た夫婦の姿が描かれ、佐和子の担当編集者・千佳と不倫をしていた俊夫は、「もしかしたらバレたかもしれない!」と精神的に追い詰められていく。さらに物語は、佐和子と自動車教習所の若い先生との淡い恋へ急展開。この漫画は、完全な創作?ただの妄想?それとも俊夫の不貞に対する、佐和子流の復讐なのか!?恐怖と嫉妬に震える俊夫は、やがて現実と漫画の境界が曖昧になっていく・・・爽快?嫉妬?絶句!?みる人の数だけ答えがある!夫婦の数だけ、【事件】がある!

作品情報

出演:黒木華 柄本佑/金子大地 奈緒/風吹ジュン
脚本・監督:堀江貴大 
劇中漫画:アラタアキ 鳥飼茜
主題歌:「プラスティック・ラブ」performed by eill
製作:「先生、私の隣に座っていただけませんか?」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント 制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ 
TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2018 準グランプリ受賞作品
公式サイト:https://www.phantom-film.com/watatona/  
公式Twitter・Instagram:@watatona_2021
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©2021『先生、私の隣に座っていただけませんか?』製作委員会