あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『ドラゴン桜』超ポップな英語特別講師役でゆりやんレトリィバァが出演決定!



日曜劇場『ドラゴン桜』に、英語の特別講師としてゆりやんレトリィバァが出演することが分かった。

6月6日放送の第7話では、東大専科の7人が東大模試を受けることに。そんな彼らに、桜木(阿部寛)は「この模試で合格の見込みがないと判断された者は東大専科をやめてもらう!」と宣言。桜木が出したあまりに高いハードルに、生徒たちは困惑し、水野(長澤まさみ)も不安に襲われる。よくない雰囲気が流れる中、模試に備え桜木は英語の特別講師を招集する。その英語特別講師・由利杏奈をゆりやんレトリィバァが演じる。



由利は、生徒たちの「リスニング力」を強化するために登場。前作の『ドラゴン桜』でも英語の特別講師として川口洋が招かれ、生徒たちにエアロビクスをしながらビートルズの曲の歌詞を復唱させる、という突飛な勉強法が展開されたが、由利も予想だにしないポップな方法で生徒たちのリスニング力を強化。はたしてその授業の方法とは・・・?
 
芸人としての活躍がめざましいゆりやんだが、実はアメリカ留学の経験があり、2019年にはアメリカの人気オーディション番組に出演、その英会話力でも大きな話題に。将来は世界で活躍できるタレントになりたいと語るほど海外志向が強い。そんなゆりやんが今回、英語講師として桜木たちとどのような芝居を繰り広げるのか期待したい。

コメント

ゆりやんレトリィバァ 

今回このお話をいただいたときは、すごくうれしかったんです。けど、前作も見ていたので「あの作品に本当に私が出られるの?」と恐れ多いという気持ちが最初の印象でした。でも実際に現場に入ってみると、緊張していた私に阿部寛さんをはじめキャストの皆さんが本当に優しく接してくださったので、のびのびと楽しくお芝居ができました。私が演じる杏奈が教える勉強法は、実は私が学生時代にやっていた勉強法と一緒なんです。誰かに教えてもらってやっていたわけではないですが、あの頃やっていた勉強法が的を射ていたんだと思って感慨深かったですし、お芝居をする上でも自分の実体験を生かして演じられた気がします。その勉強法とはいったいどんな内容なのか? ぜひご期待いただけたらうれしいです。

プロデューサー・飯田和孝

受験において英語のリスニングテストというのは、決して避けては通れないのですが、なかなか手をつけられない、どうやって取り組んだらよいかわからない分野です。私も学生時代は大の苦手で、だからこそ今回『ドラゴン桜』をやると決まった時、絶対に入れ込みたい内容でした。そしてちょうどその頃、ゆりやんさんが出場したアメリカのオーディション番組を動画配信サイトで見ていて、この人しかいないと思っていました。「楽しく学ぶ」という“桜木メソッド”を体現してくれる、そんな授業シーンを家族で一緒に踊りながら楽しんでいただければうれしいです。

番組概要

[番組名]日曜劇場『ドラゴン桜』
[放送日時]毎週日曜よる9:00~9:54
[製作著作] TBS
[公式Twitter]@dragonzakuraTBS
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録