あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-06-30

公開情報

『竜とそばかすの姫』細田守監督作品初のIMAX®上映決定!IMAX®版 新ポスタービジュアルも解禁


細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』のIMAX®上映が決定し、IMAX®版 新ポスタービジュアルが解禁された。

かつて『サマーウォーズ』で描いたインターネット世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高校生をヒロインに迎えた本作。そこで紡ぎ出すのは、母親の死により心に大きな傷を抱えた主人公が、”もうひとつの現実”と呼ばれる50億人が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとする勇気と希望の物語。細田守監督作品ならではの多彩な超豪華キャストが続々と発表され、残すところ竜役のキャスト解禁が待たれるばかり。公開を前にますます大きな注目を集めている。

今作の大きな柱である音楽には、岩崎太整、Ludving Forssell、坂東祐大と才気溢れる複数の音楽家が集結。そして壮大な物語の幕開けを感じさせるメインテーマは、熱狂的な支持を集めるロックバンド・KingGnuの常田大希が率いる最強クリエイター集団・millennium paradeが担当。これまでにない試みでの挑戦的な音楽創作が作品世界を彩っている。また、ハリウッドやヨーロッパのトップクリエイターも参加し、「現実世界×仮想世界」双方の作品を創り上げた。

今回、そんな極上の「歌」と色鮮やかな<U>の世界を体感するのにぴったりな圧倒的高精細な映像と重厚な音響のIMAX®での上映が決定。細田監督作品初のIMAX®上映となり、7月16日(金)の全国公開と合わせ、現在日本に導入されている全38の劇場で同時公開される。

コメント

細田守監督

私が最初にIMAXで観たのは、アレクサンドル・ペトロフ監督『老人と海』でした。
この『竜とそばかすの姫』もIMAX上映していただき、大変光栄に思います。ありがとうございます。

ストーリー

自然豊かな高知の田舎町に住む17歳の女子高校生・すずは、幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずは、その死をきっかけに歌うことができなくなっていた。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日、親友に誘われ、全世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界<U(ユー)>に参加することに。<U>では、<As(アズ)>と呼ばれる自分の分身を作り、まったく別の人生を生きることができる。歌えないはずのすずだったが、「ベル」と名付けた<As>としては自然と歌うことができた。ベルの歌は瞬く間に話題となり、歌姫として世界中の人気者になっていく。数億の<As>が集うベルの大規模コンサートの日。突如、轟音とともにベルの前に現れたのは、「竜」と呼ばれる謎の存在だった。乱暴で傲慢な竜によりコンサートは無茶苦茶に。そんな竜が抱える大きな傷の秘密を知りたいと近づくベル。一方、竜もまた、ベルの優しい歌声に少しずつ心を開いていく。やがて世界中で巻き起こる、竜の正体探し(アンベイル)。<U>の秩序を乱すものとして、正義を名乗る<As>たちは竜を執拗に追いかけ始める。<U>と現実世界の双方で誹謗中傷があふれ、竜を二つの世界から排除しようという動きが加速する中、ベルは竜を探し出しその心を救いたいと願うが――。現実世界の片隅に生きるすずの声は、たった一人の「誰か」に届くのか。二つの世界がひとつになる時、奇跡が生まれる。もうひとつの現実。もうひとりの自分。もう、ひとりじゃない。

作品情報

企画・制作 スタジオ地図
製作幹事 スタジオ地図有限責任事業組合(LLP)・日本テレビ放送網 共同幹事
映画公式ホームページ ryu-to-sobakasu-no-hime.jp
映画公式twitter @studio_chizu
映画公式Instagram @studio_chizu
映画公式facebook @studiochizu
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© 2021 スタジオ地図