あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-07-04

公開情報

【画像あり】『ドライブ・マイ・カー』カンヌ開幕直前 壮行会イベント|西島秀俊「世界中の人の反応が知りたい」



『ドライブ・マイ・カー』カンヌ開幕直前 壮行会イベント画像ギャラリーはこちら
 

7月6日より開催される第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門への正式出品が決定している『ドライブ・マイ・カー』。映画祭開幕を目前に控え、豪華キャスト・監督が初集結する壮行会イベントが7月4日(日)、都内ホールにて行われた。

イベントに登壇したのは本作の主演を務める西島秀俊と、共演の三浦透子、霧島れいか、さらには『寝ても覚めても』以来、2度目同映画祭コンペティション部門出品を果たした濱口竜介監督。



カンヌ国際映画祭コンペティション部門への出品について濱口監督は「発表の時も嬉しかったが、今日改めて喜びを感じました。自分でも嬉しく、誇らしいです。」と率直な気持ちを語った。また、カンヌで本作が上映されることについて、西島は「世界が注目していて、これからもっと大きく飛躍していく監督と一緒に仕事が出きて光栄で嬉しい。一俳優として素晴らしい体験ができました。カンヌでは世界中の人に作品を観て欲しい。」三浦は「今回海外キャストの方とも初めて仕事をして、特別な体験をしました。海外の多くの方に観て頂けることも有り難い気持ちでいっぱいです。」霧島は「日本から素晴らしい作品が生まれたんだと、心が震えました。」とそれぞれ喜びを語った。

完成した作品を観た感想を聞かれ、西島は「架空の登場人物のなかに“真実”と思える部分が描かれているので、観ている人の心に突き刺さる。今の日本人の心も映していると思うし、それは海外の人が今観たい日本だと思う。」と、魅力を語る一方、2時間59分という上映時間にも触れ、「監督から、『3時間切ったよ!』と言われたが2時間59分だったんです(笑)ただ、没頭して観られるのであっという間に感じると思う。体感的には1時間半ぐらいかな。」と笑顔を見せた。霧島も、「あっという間でびっくりした。観終えた後は感動でうまく言葉にできなかった。」と興奮を語った。また、三浦は「目も耳も全てから離せない緊張感を味わえた。凄い映画体験ができた。」と本作を観た感動を振り返った。

村上春樹の作品を描いたことについて監督は、「原作は短編小説だがそれぞれのキャラクターが長編にできる魅力を持っている。1つの問いかけを受け取って、それにどう応えるか。役者のみんなが役をどう喜んで演じられるかを考えて、撮影に臨む環境を整えた。」と作品の魅力を語った。



濱口監督との演出・撮影についての印象的なエピソードについては、西島「今までと違う演出方法が本当にたくさんあって、本読みをひたすら続けたり、本編にはない登場人物たちの“かつてあったであろう”場面をリハーサルしたり、刺激的な体験をしました。そうした体験を海外キャストたちとも共有できたのが嬉しかった。中でも本読みは本当に好きになりました。」と濱口監督の現場を振り返った。三浦は「運転シーンが多いので、上手に見える様準備しました。運転している時間が役作りに直結できました。」と語り、霧島も本読みについて「今では本読みがないと物足りないぐらい好きになりました。本読みがあったので、安心して演技に入れる部分がありました。貴重で楽しい経験でした。」とその効果を絶賛した。

トークも盛り上がる中、7月6日から開催されるカンヌ国際映画祭に濱口監督、三浦透子、霧島れいかが本作を代表して参加する事が発表された。残念ながら都合が合わなかった西島より、カンヌに出発する3人に「世界中の人の反応が知りたい、意外な反応なども含めどうだったか是非聞かせてほしい。」とメッセージが送られた。それを受け監督は「西島さんと一緒に参加できないことは本当に残念。本当に西島さんあっての映画なので、日本にこんな素晴らしい俳優がいるんだという事を世界に広めたい。」と世界に向けて発信する意気込みを述べた。また、三浦は「楽しみ方が分からないくらいとっても楽しみ、目に焼き付けたい!」、霧島は「とっても楽しみです!世界中の人に早く観てもらいたいです。」と満面の笑みで意気込みを語った。



質疑応答で記者から濱口作品の魅力を聞かれると、西島は「人の心がちゃんと映っている。相手の心の分からない部分と、諦めずに言葉にして向き合い、乗り越える部分の希望も映してくれるところ」と答え、三浦は「言葉の恐ろしさを映しているところ。普段から監督はとても言葉を丁寧に選んで話してくれる人。キャラクターに選んでくれた言葉にもエネルギーや不思議な力がこもっている。」と言葉の力を挙げた。これには霧島も「言葉が真実を突いていて自分でも分からない何かを見つけてくれる力がある。」と監督が引き出す言葉の力の魅力を絶賛した。

また、村上春樹さんにどのように本作の魅力を伝えるかを問われ、西島は「個人的に高校生の時からずっとファンだったので今回の話を聞いた時、どうしても自分で演じたいと思った。毎日全身全霊込めて演じたので、観て頂けたらとても嬉しいです。」と答えた。村上春樹さんは、本作を公開後に観る予定と聞いているそうで濱口監督も「そのように言って頂いたことは大変有難い。感想は誰よりも気になるし、楽しみ。どこかで感想が聞けたらこんな嬉しいことはないです。」と笑顔で答えた。

作品情報

『ドライブ・マイ・カー』
8月20日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
西島秀俊
三浦透子 霧島れいか
パク・ユリム ジン・デヨン ソニア・ユアン
ペリー・ディゾン アン・フィテ 安部聡子
岡田将生
原作:村上春樹 「ドライブ・マイ・カー」 (短編小説集「女のいない男たち」所収/文春文庫刊)
監督:濱口竜介 脚本:濱口竜介 大江崇允 音楽:石橋英子
製作:『ドライブ・マイ・カー』製作委員会 製作幹事:カルチュア・エンタテインメント、ビターズ・エンド
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント 
配給:ビターズ・エンド  
2021/日本/1.85:1/179分/PG-12
公式サイトdmc.bitters.co.jp
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会