あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『マスカレード・ナイト』解説:木村拓哉並び豪華キャストの活躍を絶対に見逃すな


→『マスカレード・ナイト』画像ギャラリーへ

※今回は映画『マスカレード・ナイト』並びに『マスカレード・ホテル』について、触れておりますが、真相に当たる部分のネタバレはございません。安心してお読みください。
 

主演の木村拓哉、長澤まさみを筆頭に、隅々まで豪華キャストで埋め尽くした本作は、2019年に公開されるやいなや46.6億円のビッグヒットを記録した映画『マスカレード・ホテル』の待望の続編。

前作の公開から2年の時を経て、木村拓哉&長澤まさみのゴールデンコンビが再び登場。超一流ホテル・コルテシア東京を舞台に、主人公の2人が新たな殺人事件を追いかけるサスペンス。

原作は国内外で、映像化作品の多い東野圭吾の同題小説。これまで20本以上の映画が作られてきましたが、来年には福山雅治×柴咲コウのコンビが復活する“ガリレオ”シリーズの映画第3弾『沈黙のパレード』も公開予定です。


『マスカレード・ナイト』のあらすじ

【予告編】


ある日、匿名の密告状が警視庁に届く。

それには、数日前に都内のマンションで起きた不可解な殺人事件の犯人が12月31日の大晦日の夜、新たな凶行におよぶというものだった。その場所は、ホテル・コルテシア東京の大晦日カウントダウンパーティー、通称“マスカレード・ナイト”。

ホテル・コルテシア東京は、かつて連続殺人犯を捕らえるために警視庁の潜入捜査の場となった因縁のホテル。そのことを知った警視庁上層部は、その事件でホテルクラークとして潜入捜査をした新田浩介(木村拓哉)を呼び寄せることに。

浩介を迎えたのはホテルコンシェルジュに昇格していた山岸尚美(長澤まさみ)。二人は再会を喜ぶまもなく、事件解決に動き出す。

“マスカレード・ナイト”の参加者は約500名、しかも全員が仮装し、その素顔を仮面で覆っている。

次々と怪しい人間がホテルを訪れる状況に、事件の手がかりすらつかめない二人。

そんな中、カウントダウンパーティー“マスカレード・ナイト”の幕が上がる…。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 贅沢感満載のオールスタームービー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

(C)2021 東野圭吾/集英社・映画「マスカレード・ナイト」製作委員会