あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

『レミニセンス』レビュー:ヒュー・ジャックマン映画に外れなし!時間トリップSFとファム・ファタールの魅惑的融合!



■増當竜也連載「ニューシネマ・アナリティクス」

『ダークナイト』3部作などでおなじみクリストファー・ノーラン監督作品は、時間軸を錯綜させたSFドラマを得意としていることでも映画ファンには有名ですが、そんな彼の時間センスを支える相棒が、弟のジョナサン・ノーランです。

『メメント』や『インターステラー』などの兄ノーラン監督作品の脚本を記し、現在はリサ・ジョイ監督とともに制作会社キルター・フィルムズを経営し、TVシリーズ「ウエストワールド」などの制作にも勤しんでいます。

そして本作『レミニセンス』はジョナサン・ノーラン製作、リサ・ジョイ監督、ヒュー・ジャックマン主演による時間トリップを題材にしたSF映画……なのですが、実はそれだけではなく映画ファン、特にクラシカルなフィルム・ノワール(犯罪映画)のファンであればあるほど感涙してしまうファム・ファタール(魔性の女)映画でもあったのでした!

未来の記憶潜入エージェントが
謎の女に翻弄される犯罪映画

映画『レミニセンス』は戦争などの影響で都市の多くが海に沈み、人々は水とともに生きていかざるを得なくなって久しい未来社会を背景にしたSF映画です。



舞台となるマイアミの街はどこかしらアールデコ調やロココ調といった古い佇まいを示しつつ、そこが冠水されていることで一種独特な光と影と水の美しいヴィジュアルが形成されています。

そんな街の一角でひっそり営まれているのが、お客の望む過去の記憶を時空間映像として再生させる記憶潜入(=レミニセンス)業。

裸で水槽に浸りながら、脳裏で過去の想い出に浸るという画は、どこかしらケン・ラッセル監督のドラッグ感覚に満ちたマインドトリップSF『アルタード・ステーツ未知への挑戦』(79)を彷彿させるものもあります。

(そう、実はこのシステムを用いて自分が最も楽しかった過去に入り浸りながら、いつしか麻薬患者のようにドはまりしてしまう者も多いのだとか。それもこれも戦争が多くの人々に心の傷を与え、退廃させてしまったこととも関係しているようです)

この商売を営む“記憶潜入(レミニセンス)エージェント”のひとりニック(ヒュー・ジャックマン)は元軍人で、戦争で心に深い闇を抱えて久しい、業の深い一匹狼。

もっとも、相棒ワッツ(タンディ・ニュートン)もまた心に傷を持つ退役軍人で、それゆえに仕事上での関係性は上々のようです。



そんなある日、ニックたちは検察からの依頼で、瀕死の状態の新興勢力ギャングの男の記憶に潜入し、組織の正体と目的を掴もうとします。

(レミニセンスはこういった犯罪捜査にも役に立つシステムなのです)

しかし、男の記憶の中から映し出された女性メイ(レベッカ・ファーガソン)の姿を見つけたニックは、人が変わったように多くの人々をレミニセンスしながら、彼女の姿を追い求めていくようになるのでした。

一体、ニックとメイの間に何があったのか?

そしてメイの正体と、その背後に潜む巨大な陰謀とは……?
 
全ての画像を見る
NEXT|次ページ > リサ・ジョイ監督の意欲に応えるヒュー・ジャックマンの男の色香

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録