あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-09-17

予告編

『ウエスト・サイド・ストーリー』名曲「Tonight(トゥナイト)」から始まる本予告&US版新ポスター到着!


『ウエスト・サイド・ストーリー』画像ギャラリーはこちら
 
スティーブン・スピルバーグ監督が贈る、初のミュージカル作品『ウエスト・サイド・ストーリー』より、名曲「Tonight(トゥナイト)」から幕を開ける待望の本予告とUS版ポスターが公開された。

物語の舞台は、1950年代のニューヨーク──マンハッタンのウエスト・サイドには、夢や成功を求める多くの移民たちがいた。社会の分断の中で、貧困や差別に直面した若者たちは同胞の仲間と結束し、各グループは対立する。特に、ポーランド系移民<ジェッツ>とプエルトリコ系移民<シャークス>は激しく対立し、一触即発の状態に。そんな時、<シャークス>のリーダーを兄に持つマリアは、<ジェッツ>の元リーダーのトニーと出会い、一瞬で惹かれあう。ふたりの禁断の恋が、多くの人々の運命を変えていくことも知らずに…。



本予告映像は、マリアの歌声から始まる。響き渡るのは、名曲「Tonight(トゥナイト)」。異なる立場を超えて、私たちは手を取り合うことができるのか?というメッセージが込められた楽曲が、<禁断>のラブストーリーの始まりを予感させる。ダンスホールで運命的な出会いを果たすトニーとマリア。しかし、対立するグループ同士の恋は許されず、マリアは兄から「奴には会うな」と釘をさされ、トニーは仲間から<シャークス>との戦争への協力を頼まれる…。

映像では、恋に落ちる2 人を引き裂くように<ジェッツ>と<シャークス>が激しく対立する様子や決闘シーンが垣間見える他、ミュージカルらしい華やかでエネルギッシュなダンスシーンも散りばめられており、新たな『ウエスト・サイド・ストーリー』への期待が膨らむ。


ストーリー

ニューヨークのウエスト・サイドには、夢や自由を求めて世界中から多くの人々が集まっていた。しかし、差別や偏見による社会への不満を抱えた若者たちは、やがて仲間と集団を作り激しく敵対し合っていく。ある日、“ジェッツ”と呼ばれるチームの元リーダーのトニーは、対立する“シャークス”のリーダーの妹マリアと出会い、瞬く間に恋に落ちる。この禁断の愛は、多くの人々の運命を変える悲劇の始まりだった…。

作品情報

製作:監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:トニー・クシュナー 作曲:レナード・バーンスタイン
作詞:スティーブン・ソンドハイム
振付:ジャスティン・ペック 指揮:グスターボ・ドゥダメル
出演:アンセル・エルゴート、レイチェル・ゼグラー、
アリアナ・デ・ボーズ、マイク・フェイスト、
デビット・アルバレズ、リタ・モレノ
全米公開:12 月10 日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

© 2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.