あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

崎山蒼志の大いなる魅力:多くの映画監督を惹きつける理由(ワケ)|『かそけきサンカヨウ』も公開

2021年10月15日(金)より公開となった映画『かそけきサンカヨウ』。

父親の再婚に戸惑う女子高生・陽の葛藤と成長を描いた本作で、書き下ろし主題歌「幽けき」を担当したのが、いまや数多くの作品での楽曲起用が絶えない弱冠19歳のシンガーソングライター・崎山蒼志(さきやま そうし)だ。



孤独感や心細さ、誰しもが持つ心の影に寄り添った作品を象徴するような楽曲を、今泉監督は絶賛。
主演の志田彩良も「最後に崎山さんの歌声と奏でる音が優しく包み込んでくれる事によってようやく完成する。」と作品を支える楽曲の素晴らしさを語っている。

これに限らず、数多くの映画監督や俳優陣を惹きつけている神童・崎山蒼志を、今回は映画ファンの視点から紹介したい。

人気のきっかけとなったエピソードに始まり、彼が楽曲を担当した映像作品などを振り返ることで、その魅力の核心に迫っていきたい!

人気のきっかけ




彼が注目されるきっかけとなったのが、AbemaTVで配信された番組・バラエティ開拓バラエティ「日村がゆく!」の新人発掘企画だった。

垢ぬけない風貌と愛らしい人柄、一方で、唯一無二の歌唱力と演奏テクニックを披露したギャップにSNSでは瞬く間に大きな反響があり、川谷絵音(ゲスの極み乙女。)や岸田繁(くるり)など、名だたる著名人が絶賛のコメントを発表。

その後、多くのフェスやライブ出演を経て、2020年末に楽曲の先行配信を行い、続いて、2021年の1月にはアルバム『find fuse in youth』で念願のメジャーデビューを果たした。

「日村がゆく!」の時点で、オリジナル楽曲が300曲もあったという稀な経歴から、現在では、様々な作品で彼の楽曲が使用されているほか、多くの書き下ろし楽曲も発表し続けている。

NEXT|次ページ > 世界観を彩る魅力

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録