あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

女優・見上愛を観てほしい!2021年度「一度見たら忘れらない女優」第1位



(C)2021「プリテンダーズ」製作委員会

ハマりすぎておかしくなりそうな女優がいる。

見上愛、20歳(2021年10月9日現在)。2019年頃から少しずつ姿を現した、まさに新進気鋭の若手女優。ドラマ「ボイス 110緊急指令室」(日テレ)や「MIU404」などで、多くのドラマファンの目に留まった。「お?あの可愛い子は誰だ?」と思わせておいて、「きれいのくに」(NHK)、「箱庭のレミング」(ABEMA)で一気に注目を集めることに。

これから、確実に見上愛はもっともっと成長する。この感覚はそう、ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し、めくるめく大人気女優への階段を駆け上がった、あの石原さとみとの出会いを彷彿とさせる胸の高鳴り。

個人的に、見上愛は2021年度「一度見たら忘れらない女優」第1位であると声を大にして言いたい。

今回は、そんな女優・見上愛の魅力を伝えるのにふさわしい代表作4作を紐解く。

「裏整形」に惹かれる女子高生を好演!見上愛を観るならまずは「きれいのくに」


(C)NHK

NHKドラマ「きれいのくに」(21)において、自身の容姿に悩む女子高生・凛役を好演した見上愛。彼女を役者として世に知らしめた作品のひとつとして、ご紹介したい。「見上愛が出ている作品で最初に観るとしたら?」と問われたら、この作品を挙げるだろう。

本作は、容姿の優劣によって人生が決まる世を正すため、希望者はまったく同じ「美しい顔(男性は稲垣吾郎、女性は加藤ローサの顔)」に整形できる日本が舞台。しかし、時代の流れによって整形が違法になってしまう。親世代は整形が合法だったのに、自分には許されていないことを、ひっそりと気に病む凛。

整形することを許されない凛は、ある日「裏整形」なる存在を知る。知り合った恵里(小野花梨)に病院を紹介してもらうも、幼馴染の誠也(青木柚)のことが気にかかり、すぐには整形へと踏み切れない……といったあらすじだ。

自身の容姿に対し悩みを抱えるのは、人類共通の性かもしれない。凛だって、外から見たら笑顔の素敵な可愛らしい子なのに、内心では整形を検討するほど容姿について悩んでいる。思春期特有の不安定な心の揺れうごきを、繊細な芝居で表現してみせた見上愛。

ぜひ観てほしいシーンは、やはり最終回のラストシーンである。

紆余曲折をたどり、一度は諦めた整形に再び一歩踏み出す凛。待合室で待つ誠也の緊張感ある居住まいと、ついに整形を終え彼と対面する凛の表情。きゅっと胸が締め付けられるけれど、きっとこのふたりはこれからも、不器用ながらに関係性を築いていくのだろうと予感させる。大好きなシーンだ。

ちなみに見上愛は、幼少の頃から役者を志していたわけではない。中学生の頃に家族で舞台を観たことがきっかけで観劇にハマり、高校では演劇部に入った(中学ではハンドボール部に入っていたという)。役者よりは演出や照明に興味があったらしい。おそらく、音響の仕事をしている父や兄の影響だろうと、本人が各インタビューにて語っている。

演出をやるなら演技のことも知っておくべきだろうと考え、現所属事務所のスクールへ。それがきっかけで役者デビューとなった。それが2019年のこと。NHKドラマ出演やW主演映画(2021年公開予定)が決まるなど、そのステップは最初から軽やかである。

全ての画像を見る
NEXT|次ページ > 肥大した自己承認欲求に揺れ動く女子高生を怪演

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録