あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2021-11-04

<ネタバレ厳禁>なるべく何も見ずに観たほうがいい映画「11」選

(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

基本的に、映画は「何も知らずに観たほうがいい」というのが個人的な持論としてある。

もちろん「あらすじ」程度のことは知っていた方が話の流れが飲み込みやすくなるし、作品の特徴を知ることが観る動機にもなる。続編やシリーズものであれば関連作品を知っていた方が楽しめるし、時代背景を知っておいたほうがより興味深く観られる場合もある。

だが、映画の中には「何も予備知識を入れないまま観て!」と主張したい作品も存在する。あらすじすらも観る人によってはネタバレになったり、中核となる魅力そのものがネタバレ厳禁であったり、タイトルを検索するだけでもネタバレになってしまいかねない作品もあるからだ。

ここでは、そんな風に「ネタバレを踏む前にとにかく観て!」と訴えたい映画を11作品紹介しよう。奇しくも、2021年の11月に「ほとんど何も知らないまま観てほしい」優れたスリラー/ホラー映画が連続して公開されるので、このタイミングで紹介しておきたかったのだ。なお、知っていても問題のない程度のあらすじ、もしくはむしろ知っておいて欲しいと思う情報は記している。ご容赦いただきたい。

1:『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(1996)



続編やテレビシリーズも作られた人気作だ。「強盗殺人犯の兄弟が、平凡な家族を脅して逃亡に加担させる」というあらすじ以外は何も知らないまま、サスペンスフルな犯罪映画およびロードムービーを期待するのがおすすめだ。冷静な兄役のジョージ・クルーニーが、トラブルメーカーのクエンティン・タランティーノを何とかしようと四苦八苦する様が何とも可笑しかったりもする。

Amazon Prime Videoで視聴する

2:『パッセンジャー』(2016)



約5000人の人間を乗せた超大型宇宙船の中で、人工冬眠ポッドの故障により1人の男が目覚めてしまうという物語だ。しばらくして彼はもう1人の目覚めてきた女性と2人きりの時間を過ごすのだが……。観た後は、劇中のとある「秘密」について、誰かと「あなたならどうする?」と議論を交わしたくなるだろう。賛否両論もある作品だが、俳優の演技力が際立つドラマと、大作SF映画ならではの派手な見せ場は大いに楽しめるはずだ。

Amazon Prime Videoで視聴する

3:『大脱出』(2013)



こちらは日本の宣伝および売り出し方に問題がある。日本の予告編の冒頭から、中盤で明らかになる重大なネタバレが提示されており(そのためこの記事では海外版の予告を貼っている)、ポスターにもその文言が大きく載るばかりか、一部の動画配信サービスの説明文からも堂々と記されているのだ。NetflixやU-NEXTでは説明文でのネタバレはなかったので、そちらで観てみるといいだろう。本編はツッコミどころは満載だが、シルヴェスター・スタローンとアーノルドシュワルツェネッガーの豪華共演ぶりを大いに楽しめるだろう。

Amazon Prime Videoで視聴する
※リンク先の紹介文、予告編映像はネタバレ注意!

4:『スプリット』(2016)



23人の人格を持つ男と、拉致監禁された3人の女子高生との攻防戦が展開するスリラーだ。監督は『シックス・センス』(1999)や『アンブレイカブル』(2000)などのM・ナイト・シャマランであり、その過去作をなるべく多く先に観ておいたほうがいいだろう。なぜなら、それぞれの映画に「作家性」が如実に表れており、その価値観や美学を知っておいたほうが、よりこの『スプリット』を楽しめるからだ。「すべての事象に意味があるのかを摸索する」シャマラン監督ならではの物語が、本作でどう帰結するのか、楽しみにして観て欲しい。

Amazon Prime Videoで視聴する

5:『カメラを止めるな!』(2017)


※予告編もネタバレ注意!

もはや説明不要、インディーズ映画でありながら口コミで社会現象を巻き起こした伝説的な作品だ。ブームとなったのは「この映画に関しては内容は何も言えないんだ!とにかく観てくれ!」と観た人がその衝撃そのものをネタバレできないことを含め語ったことも理由にあるのではないか。広く知れ渡った作品であるが、まだ観たことがないという方は、あらすじも見ないまま、「ゾンビ映画」というジャンル以外は知らずに観て欲しい。ちなみに、『アーティスト』(2011)のミシェル・アザナヴィシウス監督によるフランス版リメイクが日本でも2022年に公開予定である。

Amazon Prime Videoで視聴する

NEXT|次ページ > 後半、6作品は…?

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録