あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2022-06-01

予告編

菅田将暉×原田美枝子「百花」最新予告映像解禁!親子とは?愛とは?人の記憶の正体とは?



菅田将暉と原田美枝子がW主演で親子を演じる「百花」の最新予告映像が解禁された。

映像には、記憶を失っていく母・百合子(原田美枝子)と、思い出を取り戻していく息子・泉(菅田将暉)、そして、二人に深く関わっていく香織(長澤まさみ)と浅葉(永瀬正敏)の姿が散りばめられている。

泉の名を強く叫ぶ百合子、「ごめん…」と涙を流す泉など、物語の核心に迫る重要な場面が続いていく中で、百合子が口にする「半分の花火、見たい。」という謎の言葉。「半分の花火」の本当の意味に気づいた時、母の秘められた想いが明かされることになる……。新たに載せられた美しい歌声も印象的であり、音楽と映像美が感動を誘う予告映像となっている。



ストーリー

レコード会社に勤務する葛西泉(菅田将暉)と、ピアノ教室を営む母・百合子(原田美枝子)。ふたりは、過去のある「事件」をきっかけに、互いの心の溝を埋められないまま過ごしてきた。

そんな中、突然、百合子が不可解な言葉を発するようになる。「半分の花火が見たい・・・」それは、母が息子を忘れていく日々の始まりだった。

認知症と診断され、次第にピアノも弾けなくなっていく百合子。やがて、泉の妻・香織(長澤まさみ)の名前さえ分からなくなってしまう。皮肉なことに、百合子が記憶を失うたびに、泉は母との思い出を蘇らせていく。そして、母子としての時間を取り戻すかのように、泉は母を支えていこうとする。

だがある日、泉は百合子の部屋で一冊の「日記」を見つけてしまう。そこに綴られていたのは、泉が知らなかった母の「秘密」。あの「事件」の真相だった。

母の記憶が消えゆくなか、泉は封印された記憶に手を伸ばす。一方、百合子は「半分の花火が見たい…」と繰り返しつぶやくようになる。

「半分の花火」とはなにか?ふたりが「半分の花火」を目にして、その「謎」が解けたとき、息子は母の本当の愛を知ることとなる―――

作品概要

タイトル:『百花』
出演: 
菅田将暉  原田美枝子
長澤まさみ / 北村有起哉 岡山天音 河合優実 
長塚圭史 板谷由夏 神野三鈴 / 永瀬正敏
監督:川村元気
脚本:平瀬謙太朗、川村元気
音楽:網守将平
原作:川村元気「百花」(文春文庫刊)
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:東宝  海外配給 :ギャガ
公開:2022年9月9日(金)
 映画公式HP:hyakka-movie.toho.co.jp
映画公式Twitter: https://twitter.com/movie_hyakka
映画公式Insagram:@movie_hyakka
全ての画像を見る

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

©2022「百花」製作委員会