過激な官能ラブストーリー『フィフティ・シェイズ・フリード』日本公開決定!

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS  

世界中で空前の社会現象を巻き起こした「フィフティ・シェイズ」シリーズ最終章『フィフティ・シェイズ・フリード』が2018年秋日本公開することが決定した。

巨大企業の若き起業家にしてCEO、女性ならば誰もが憧れずにはいられない超絶イケメンのグレイと、それまで恋の経験がなかった純粋なアナの、特異な恋愛模様を過激な描写で描き、世界中の女性を虜にしたELジェイムズのデビュー小説を映画化した本シリーズ。

原作は、全世界での発行部数が累計1 億冊以上を記録した世界的ベストセラーのシリーズ最終章が満を持して日本に上陸する。

全米では、2018年2月9日[現地時間]に公開され興行収入3,860万ドル(約41億円)を記録。同週新作として公開されたハリウッド実写版『ピーターラビット』は興収2,501万ドル(約27億円)で2位、クリント・イーストウッド監督作『15時17分、パリ行き』は興収1,255万ドル(約13億円)で3位と、並み居る作品を抑えてダントツの全米No.1スタートを切った。

また、インターナショナルのオープニング興収は9,810万ドルを記録し、2018年で初めて週末興収が1億ドル近くに達した作品となった。

北米と合わせた全世界オープニング興収は1億3,690万ドルに達し、「フィフティ・シェイズ」シリーズ3作の全世界累計興収は10億ドル($1B)を突破するという大記録を樹立。またもや『フィフティ・シェイズ』現象を世界中で巻き起こしている。

官能世界の過激さは勿論、最終章に相応しい衝撃の展開が繰り広げられる本作。

前作に引き続き、アナ役をダコタ・ジョンソン、グレイ役をジェイミー・ドーナン、監督はジェームズ・フォーリ-が務め、新キャストとして、新居の設計を任された建築家をアリエル・ケベルが務める。

全世界の熱狂が日本に伝播し、衝撃の官能ラブストーリーのシリーズ完結編がいよいよ解禁。シリーズ最高のクライマックスを見逃すわけにはいかない。

関連記事

ドSの真髄、SEXの価値観、そして自分らしさとは、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
恋愛における「バニラの関係」とは?『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
SEXもドラマもパワーアップ!「フィフティシェイズ」続編はエロいを超えてスゴい!

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com