『メアリーの総て』エル・ファニング初めて挑んだ本格的ベッドシーン解禁!女優としての新たな一歩

© Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017

12月15日(土)より全国順次ロードショーとなる、イギリス文学史に名を残す女流作家メアリー・シェリーの知られざる人生を初めて映画化した物語『メアリーの総て』より、エル・ファニングが初めて挑んだ本格的ベッドシーンの本編映像が解禁となった。

200年にわたり愛され続けてきたゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」。この恐ろしくも哀しい〈怪物〉を生み出したのは、わずか18歳の少女メアリー・シェリーだった―。ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチら、今世紀の鬼才たちにも絶大な影響を与え、リドリー・スコット、スティーヴン・スピルバーグ、ジェームズ・キャメロンなどの巨匠たちも深いリスペクトを表明している。

監督は、『少女は自転車にのって』で第86回アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表に選出、各国の批評家から絶賛を浴びたハイファ・アル=マンスール。今最も世界から注目を集める女優エル・ファニングを主演に迎え、哀しくも美しいメアリーの人生を極上の映像美でスクリーンに焼き付けた。

© Parallel Films (Storm) Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm) Limited / The British Film Institute 2017

これまで謎のヴェールに包まれてきたメアリー・シェリーの人生を演じるにあたり、不安とプレッシャーを感じていたというエル・ファニング。作家を夢みていた10代の幼い少女から、次第に自らの道を切り開いていく大人の女性としての成長も描いている本作では、子役からの長い女優人生の中でも、母親役や歴史映画への出演など、初めての経験を多くしている。中でも、今回解禁された映像では、初めて本格的なベッドシーンに挑む美しい姿が映し出された。

この場面では、“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会い、互いの才能に強く惹かれ合った二人が、父の反対を押し切り、駆け落ちしてきた直後の様子が描かれている。

少女から大人の女性へ、そして自分を表現するクリエイターへと変身していくメアリーを演じるという挑戦について、エルは「これは成長して自分の内なる声に気付き、家族の影から外に踏み出していく女の子の物語よ。彼女は自由な精神を持っているの」と明かしている。

メアリー役として、エルを真っ先に思い描いたというマンスール監督は「エルは、私たちがメアリーを演じる女優に求めていた資質をすべて備えている。あどけなさをしっかりと出せる、若くてフレッシュな女優が必要だった。でも、メアリーの熱く燃える魂や驚くほどの強さ、反骨心、知性という最大の特徴も表現できる女優でなければならない。エルは見事に演じきってくれたわ」とエルの女優としての新たな一歩となる本作での演技を絶賛している。

ストーリー概要

19世紀イギリス 小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せ、駆け落ちする。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに襲い掛かる数々の悲劇。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた──。

関連記事

『メアリーの総て』ほか、新たな時代を切り開いた女性たちの物語をピックアップ!
『メアリーの総て』美しい衣装&美術に目を奪われる!ヨーロッパが舞台の豪華絢爛な映画5選
『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』ほか、天才作家 創作の裏側にせまる映画3選

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com