『娼年』リョウとNo.1を競うアズマの場面カットが公開!

©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

予想以上の衝撃と感動で話題を集め、R18+指定作品としては異例のヒットを記録している映画『娼年』(公開中)。本作から、「Le Club Passion」でリョウ(松坂桃李)とNo.1を競う娼夫のアズマ(猪塚健太)の場面写真が解禁された。

リョウと客の女性たちとの物語はもちろん、娼夫のアズマとのシーンも注目を集めている本作。痛みでしか性的な快感を得られないという特殊な感覚を持ち、「僕の中で配線がこんがらがっているんだ」というアズマの告白に真剣に耳を傾けるリョウ。そこから繰り広げられる男性同士の濡れ場とアズマが快感を得るためにリョウにあることを頼む場面が切り取られている。

舞台版では、アズマがリョウにアイスピックで胸を切り裂いてもらうという演出だったが、遠い席の観客には伝わらないかもしれないという理由で原作とは違うものだった。しかし、映画では原作通りのシーンとなり、猪塚は「念願が叶ってとても嬉しかったです」と語っている。

©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

舞台版から同役を演じている猪塚は、原作を再読して思い描いたアズマ像に近づくようにと“線の細い少年のような体作り”のために8kg減量し、繊細に表情や声に変化をつけて、純真と狂気との狭間を漂うアズマを表現した。映画版での松坂との再共演について、「桃李くんがリョウを演じてくれているからこそ僕も女優さんも安心してこの作品に挑むことができるんだと、映画版で再びご一緒させていただいて改めて実感しました」と振り返っている。

ストーリー

主人公の森中領(もりなかりょう)は東京の名門大学生。日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。ある日、領の中学校の同級生で、ホストクラブに勤める田嶋進也(たじましんや)が、美しい女性をバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。
入店を決意した領は、その翌日に静香の元を訪れ、娼夫「リョウ」として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。

関連記事

ラブシーン満載の『娼年』で松坂桃李が演じたリョウについて考える
「からだを売るんですか?」過激すぎる予告編が解禁!松坂桃李主演映画『娼年』
『不能犯』『娼年』!2018年は松坂桃李イヤーだ!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com