『アイリッシュマン』、スコセッシ監督作品の5つの傾向と対策

Netflixオリジナル映画「アイリッシュマン」
11月27日(水)独占配信開始 

Netflixにてついに巨匠マーティン・スコセッシ監督作品『アイリッシュマン』が配信されました。

全米トラック運転組合員からアイリッシュ・マフィアの殺し屋へ転じた男フランク(ロバート・デ・ニーロ)の目から見据えた20世紀アメリカの裏歴史が堂々3時間29分の長尺で綴られていきます。

スコセッシ監督宿願の企画ながらハリウッド・メジャーは膨れ上がる製作費に恐れをなして撤退し(先ごろスコセッシ監督が「マーベル映画は映画ではない」などと発言した一件も、実はこういった映画業界の内情が大いに関係しているものと捉えられています)、代わってNetflixが1億2500万ドルを出資することで製作続行が可能となり、この度堂々完成。

昨年あたりからNetflixなど配信サイトで製作されたオリジナル作品は映画か否かといった論議がずっと映画業界や映画ファンを賑わしていますが、少なくともそのきっかけとなった『ROMA/ローマ』も、そしてこの『アイリッシュマン』も映画館での上映がなされ(私も最初は劇場で観ました)、多くの映画ファンから“映画”として大いに喝采されていますし、今からでも鑑賞可能な環境にある方にはぜひ銀幕の大画面で堪能していただきたい傑作です。

さて『アイリッシュマン』はこれまでのスコセッシ監督作品のエッセンスが詰まった集大成的要素満載の作品です。

ロバート・デ・ニーロやジョー・ペシ、ハーヴェイ・カイテルといった旧友らと久々に相まみえながら(しかもそこにアル・パチーノまで加わって!)、血と暴力に染まった大河ドラマを見ていくと、彼の過去作品にまで想いを馳せてしまうものがあるのです。

そいうわけで今回はマーティン・スコセッシ監督作品の魅力などを項目分けして記していければと思います。

ロバート・デ・ニーロとの
あうんの呼吸の名コンビ

マーティン・スコセッシ監督作品と言えば真っ先に挙げられるのが『タクシー・ドライバー』(76)であり、名優ロバート・デ・ニーロとの名コンビぶりです。

タクシードライバー (字幕版)

デビューして間もない1970年代初頭にブライアン・デ・パルマ監督の紹介でロバート・デ・ニーロと出会ったスコセッシは『ミーン・ストリート』(73)で初めてデ・ニーロを起用(同じくスコセッシ映画の常連ハーヴェイ・カイテルとのダブル主演みたいなスタンス)。

そして同じくデ・パルマに紹介されたポール・シュレイダー脚本による『タクシー・ドライバー』は、ヴェトナム戦争帰りの孤独なタクシー運転手の心の闇がいつしか正義のヒーローじみつつもその実常軌を逸した暴力を発露させていく内容で、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞してスコセッシの名声を広く世に知らしめることになるとともに、世界中に大きな衝撃を与えました。

現在大ヒット中の『ジョーカー』も『タクシー・ドライバー』や、売れないコメディアンが人気コメディアンを誘拐する『キング・オブ・コメディ』(83)などスコセッシ作品にインスパイアされたところは多分にあります(だからこそ『ジョーカー』にはデ・ニーロが出演しているのです)。

これまでスコセッシとデ・ニーロがコンビを組んだ作品を順に記すと『ミーン・ストリート』『タクシー・ドライバー』『ニューヨーク・ニューヨーク』(77)『レイジング・ブル』(80/デ・ニーロは本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞)『キング・オブ・コメディ』『グッドフェローズ』(90)『ケープ・フィアー』(91)『カジノ』(95)、そして今回の『アイリッシュマン』の9作品となります。

いずれも見応え満点であり、スコセッシ映画に初めて触れる方は、これらロバート・デ・ニーロ主演映画群から見始めるのが一番入りやすいでしょう。

映画の配信情報をチェック!
                  

ライタープロフィール

増當竜也

増當竜也

増當竜也 Tatsuya Masutou 鹿児島県出身。映画文筆。 朝日ソノラマ『宇宙船』『獅子王』、キネマ旬報社『キネマ旬報』編集部を経て、フリーの映画文筆業に就く。 取材書に『十五人の黒澤明』(ぴあ刊)、『特撮映画美術監督・井上泰幸』(キネマ旬報社刊)など。 編集書に『40/300 その画、音、人』(佐藤勝・著)『神(ゴジラ)を放った男/映画製作者・田中友幸』(田中文雄・著)『日記』(中井貴一・著)『日記2』(中井貴一・著)『キネ旬ムック/竹中直人の小宇宙』『同/忠臣蔵映画の世界』『同/戦争映画大作戦』(以上、キネマ旬報社刊) その他、パンフレットやBD&DVDライナーノートへの寄稿、取材など多数。 ノヴェライズ執筆に『狐怪談』『君に捧げる初恋』『4400』サードシーズン(以上、竹書房刊) 現在『キネマ旬報』誌に国産アニメーション映画レビュー・コーナー『戯画日誌』を連載中。近著に『映画よ憤怒の河を渉れ 映画監督佐藤純彌』(DU BOOKS刊)がある。

ピックアップ

新着記事

WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com