『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』本編映像|テイラー・スウィフトもこの瞳に堕ちた!?

【本編映像】
『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

3/15(金)、TOHO シネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国公開

激動の16世紀英国を生きるふたりの女王を描いた『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』より、ヴァージンクイーン(処女王)として有名なマーゴット・ロビー演じるエリザベスI世が、ジョー・アルウィン演じるレスター伯ロバートとふたりベッドの上で見つめ合うシーンの映像が到着した。

エリザベスはメアリー女王を意のままに操るため、ロバートとメアリーの結婚を画策する。しかし、ロバートは「僕はあなたのロバート…求婚するならこっちの女王(エリザベス)がいい」と唇を愛撫しながら見つめ返す。ロバートを愛しながらも国の行く末を案じ、私情を押し殺すエリザベス。こんな近くで触れられながら、愛の告白をされたら、プライベートでジョー・アルウィンが交際中の歌姫テイラー・スウィフトでなくても、観客だって堕ちてしまいそう。『女王陛下のお気に入り』(2/15 公開)、『ある少年の告白』(4月公開)と、話題作に相次いで出演しているジョー・アルウィンの瞳から目が離せない。

ストーリー

生後すぐにスコットランド女王、16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアートは、未亡人となった18歳にスコットランドへ帰国し王位に戻る。さらに、メアリーは隣国イングランドの王位継承権を主張、エリザベスI世の権力を脅かす。恋愛、結婚、出産を経験し、若く美しく自信にあふれたメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。誰よりも理解し合えたはずの孤独な若き女王たちは、従姉妹でありながら恐れ合い、それぞれ陰謀渦巻く宮廷の中で運命に翻弄され戦うのだった……。

公開情報

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
3/15(金)、TOHO シネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国公開
出演:シアーシャ・ローナン マーゴット・ロビー ジャック・ロウデン ジョー・アルウィン デヴィッド・テナント ガイ・ピアース
監督:ジョージー・ルーク 脚本:ボー・ウィリモン 音楽:マックス・リヒター
2018 年/イギリス/124 分 ユニバーサル作品 配給:ビターズ・エンド、パルコ
©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

他の記事も読む

関連記事

【公開日決定】『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』|2019.3.15公開
『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』日本公開&邦題決定!シアーシャ・ローナンがスコットランド女王に
第91回アカデミー賞、7つの注目ポイント【ノミネーション一覧付き】

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com