EXOのD.O.&チョ・ジョンソク共演『あの日、兄貴が灯した光』日本版予告

K-POPグループEXOのD.O.と、チョ・ジョンソク共演の映画『あの日、兄貴が灯した光』の日本オリジナル予告映像が公開された。

映画『あの日、兄貴が灯した光』日本オリジナル予告映像

柔道国家代表のコ・ドゥヨン(D.O.)は、試合中の事故で視力を失ってしまう。それを知った詐欺前科10犯の兄コ・ドゥシク(チョ・ジョンソク)は、弟をだしにして刑務官の前で涙ながらの名演技を披露し、期限付きの保護者として仮釈放される。15年ぶりの感動の再会のはずが、それまでの憎しみをぶつけ合うふたり。そんな中、ドゥヨンは兄が作る食事さえ受けつけず栄養失調で倒れてしまう。「俺に迷惑かけずに死ねないなら、生きるんだな」と非情な言葉をかけるドゥシク。しかし、あるとき、ドゥヨンが話しかけた言葉を境に、ふたりの15年間の葛藤は段々と解けていくように見えたのだが――

あの日、兄貴が灯した光 メイン

映画『あの日、兄貴が灯した光』は、他人よりも遠い存在で、お互いに再会を望んでいなかった兄弟が、憎しみ合いながらも徐々に心を通わせていく、兄弟の絆を描いた作品。脚本は、韓国で1000万人以上を動員した『7番房の奇跡』のユ・ヨンアが担当する。

主演を務めるのは、K-POPグループEXOのメインボーカルD.O.。そのほかにも、『建築学概論』などで日本でも根強いファンを持つ俳優、チョ・ジョンソク、『7番房の奇跡』のパク・シネらが名を連ねる。メガホンをとるのは『裸足のギボン』のクォン・スギョン監督。

本作の日本オリジナル予告映像が公開された。

あの日、兄貴が灯した光 サブ1

映像では、D.O.演じる試合中の事故で視力を失った弟ドゥヨンと、チョ・ジョンソク演じる仮釈放された詐欺師の兄ドゥシクの険悪な再会、そして「昔は仲が良かった」と話しながらもなかなか打ち解けられず、気持ちがすれ違う兄弟の関係性が感じられる場面が収められている。

あの日、兄貴が灯した光 ポスタービジュアル

映画『あの日、兄貴が灯した光』は、2017年5月19日(金)TOHOシネマズ新宿ほか全国順次ロードショー。

画像ギャラリー

(C)2016 CJ E&M CORPORATION,CHOICE CUT PICTURES All Rights Reserved

関連記事

D.O.とチョ・ジョンソク共演!映画『あの日、兄貴が灯した光』公開決定
ジャッキー・チェン最新作は“鉄道”『レイルロード・タイガー』公開決定
『お嬢さん』パク・チャヌク監督インタビュー、韓国では観客の8割が女性!LGBTからも大絶賛なガールズムービー
イ・ビョンホン、悪徳詐欺師に!映画『MASTER』
崩落するトンネル…生き埋めにされた男の運命。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com