『アナベル 死霊博物館』日本版予告編|「ようこそ…」 全米で話題沸騰の恐怖が日本上陸!

【日本版予告】
『アナベル 死霊博物館』

9月20日(金)全国ロードショー

大人気シリーズ『死霊館』ユニバース最新作『アナベル 死霊博物館』が9月20日(金)全国ロードショーとなることが決定し、日本版予告編が解禁された。 

2013年10月に公開された『死霊館』(『THE CONJURING』)で日本を恐怖のどん底に陥れたアナベル人形。その人形は実在し、現在もコネティカット州にある博物館に保管され、月に2回、神父による祈祷が行われている。そんなアナベル人形の誕生と経緯を描いた『アナベル 死霊館の人形』(2014)『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)は、大きな話題を呼んだ。  

この度公開となる『アナベル 死霊博物館』は、『死霊館』シリーズではおなじみのウォーレン夫妻の登場が発表されており、『死霊館』と『アナベル』を繋ぐ重要な位置づけとなる作品として注目を集めている。ウォーレン夫妻を演じるのは『死霊館』シリーズ同様、パトリック・ウィルソンとベラ・ファーミガ。そして、夫妻の娘であり本作の主人公ジュディを『ギフテッド』や『アイ、トーニャ』『キャプテン・マーベル』などハリウッド話題作に引っ張りだこの注目子役、マッケナ・グレイスが演じる。

先日解禁となった『アナベル 死霊博物館』のUS版の予告映像は日本でも大きな反響を呼び、なんと日本でのUS版予告視聴者数の60%以上が女性というホラー映画としては異例の数字を記録。(SNS分析ツール調べ)中でも主人公たちと同世代の10代・20代の反応が良く、ホラー映画としての新境地が期待される。

さらに、本作はIMAX®・4Dの上映も決定。(一部劇場除く)プロデューサーのジェームズ・ワン自らが”アナベル版ナイトミュージアム”と豪語するだけあり、アトラクションホラーとして新体験を味わえるかもしれない。

公開情報

『アナベル 死霊博物館』
9月20日(金)全国ロードショー
監督・脚本:ゲイリー・ドーベルマン(『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』) 
製作:ジェームズ・ワン(『死霊館』『ワイルド・スピード SKY MISSION』『アクアマン』)
出演:マッケナ・グレイス、マディソン・アイズマン、ケイティ・サリフ、パトリック・ウィルソン、ベラ・ファーミガ ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画 宣伝:スキップ
2019年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:Annabelle Comes Home
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

他の記事も読む

関連記事

ハロウィンの渋谷に集う者たちも『アナベル 死霊人形の誕生』で絶望を味わうべき
怖いだけじゃない!『アナベル 死霊人形の誕生』9つの素敵ポイント
『死霊館のシスター』戦慄の特別映像を独占入手!悪魔のシスター・ヴァラクが神父を襲う!
史上最恐ホラー誕生!超コワいと大評判!その秘密とは?「死霊館」続編。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com