キュレーションマガジンAntennaが映画情報などを強化!松竹も参加

キュレーションマガジンAntennaが、映画配給会社や音楽レーベルなどとコンテンツ配信で提携し、新作情報などの配信を開始すること発表した。すでに24社の参画が決定しており、松竹も名を連ねている。

Antenna

Antennaは、通常の検索では見つからない情報との出会いを提供するキュレーションメディアとして、特にエンターテインメント・カルチャー分野の情報を強化。映画配給会社や音楽レーベルと直接コンテンツ配信で提携し、予告映像やミュージックビデオ、お笑いなどの動画コンテンツを自動再生動画として配信し、これら情報との新たなハブを狙う。

映画会社や音楽レーベル24社がすでに参加を決定

映画配給会社では、松竹以外にアスミック・エース、アップリンク、ギャガ、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、ティ・ジョイ、ファントム・フィルム、ビターズ・エンド。さらに音楽レーベルではエイベックス・ミュージック・クリエイティヴ、キングレコード、テイチクエンタテインメント、スペースシャワーネットワーク、徳間ジャパンコミュニケーションズ、日本コロムビア、ヤマハミュージックコミュニケーションズ、ユニバーサル ミュージック、ワーナーミュージック・ジャパンなどの24社の参画が決定しており、今後さらに拡充して予定。

Antennaは、『メディアofメディア』として、今後テレビやラジオといったマスメディア、さらにチラシやフリーペーパーなどの地域メディアとの連動も積極的に進め、生活者のメディア体験のリデザインを目指すとのこと。

また、当サイト『シネマズ』もAntennaでの配信がスタートしている。週末おでかけ情報など、キュレーションされたニュースを体感してみてはいかがだろうか。

Antenna

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事