スコットランド出身人気バンド「ベル・アンド・セバスチャン」の原点となった美しい物語

スコットランド出身の人気バンド「ベル・アンド・セバスチャン」のボーカル、スチュアート・マードッグが監督・脚本を務める『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』が大ヒット上映中だが、そんな彼らのバンド名の由来になった物語が実写映画化される。タイトルも『ベル&セバスチャン』とファンの中でも混乱を招いて話題となっている。
「ベル&セバスチャン」サブ4 (1)

ナチス支配下、犬と少年の美しくも儚い絆の物語

アルプスの麓の小さな村で暮らす孤児セバスチャンは、山で一匹の野犬と出会う。家畜や人を襲う“野獣”と誤解され村人たちから命を狙われるその犬をベルと名付け、懸命に守るセバスチャン。そして孤独なもの同士、心を通わせていく。時を同じくして村には戦争が影を落とし始めていた。ナチスの捜索の手が伸びるなか、ユダヤ人一家を救うため、ベルとセバスチャンは道案内人として危険な冬のアルプス越えに命がけで挑む。
Belle & Sebastien
「ベル&セバスチャン」サブ8

人気バンドの原点となった物語、映画『ベル&セバスチャン』は2015年9月19日全国ロードショー!
公式サイト http://www.belleandsebastian.net/

(c)2013 RADAR FILMS EPITHETE FILMS GAUMONT M6 FILMS ROHNE-ALPES CINEMA

関連記事

『ブラック・シー』に見る新たな潜水艦映画の魅力
ある一本の映画を観たあの日から胸がときめいております・・・「God Help the Girl」
玉森裕太主演の恋愛映画『レインツリーの国』原作が発売
竹田恒泰による昭和史解説も―『日本のいちばん長い日』SP座談会放送レポ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事