『ブラック・クランズマン』特報&ティザービジュアル解禁!まさかの実話、黒人刑事が“KKK”へ潜入捜査

2019年3月TOHOシネマズ シャンテほか全国公開される、スパイク・リー監督最新作『ブラック・クランズマン』より、特報とティザービジュアルが解禁された。

1979年に黒人刑事が過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)に潜入捜査するという大胆不敵な事件を克明に綴った同名ノンフィクション小説を鬼才スパイク・リー監督が映画化した本作。第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した『万引き家族』の次点となるグランプリを受賞し話題が沸騰。全米では辛口批評サイト「ロッテントマト」で95%フレッシュを獲得し、本年度アカデミー賞最有力候補作品とも目されている。

主演のロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。デンゼル・ワシントンがその名を知らしめた傑作『マルコムX』で映画出演を果たし、奇しくも同じスパイク・リー監督作品の本作で主演として脚光を浴びた。ロンの相棒フリップ・ジマーマンを『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作でカイロ・レン役を演じ、『沈黙 -サイレンス-』、『パターソン』などで演技に定評のあるアダム・ドライバーが演じる。そして、監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督とアカデミー賞最強布陣が製作に名を連ねる。

今回解禁となった特報映像は、KKK(白人至上主義を掲げる危険な秘密結社)のメンバーが三角白頭巾を身に纏い、炎に包まれた巨大な十字架に両手を高々と掲げ祈りを捧げる人々の不穏な映像から幕を開ける。その中心人物は青いケープに身を包んだデービッド・デューク(トファー・グレイス)だ。明らかにヤバイ雰囲気の組織の気がしてならないが、耳を疑う発言が主人公の黒人刑事ロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)の口から飛び出す「俺が潜入する」。これには上司も「何言ってんだこいつは」と言わんばかりに乾いた笑いで返すほかない。白人至上主義団体に黒人が潜入するなんてありえないと周りの同僚刑事たちは皆失笑するが、ロンは「白人として電話をかける」。

不可能だと思われた潜入捜査作戦が明らかになる。それは、黒人刑事のロンが白人を装い電話をし、同僚の白人刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライバー)が実際にKKKに潜入する二人で一人の人間“ロン・ストールワース”を演じる大胆不敵な作戦だった。そんな型破りが過ぎる作戦に思わずフリップも「イカれてんだろ!」と唖然な顔を浮かべる。マジで手に入れてしまったKKKの会員証をまじまじと見つめるフリップの心配をよそに大胆不敵な潜入捜査の概要を「二人で演じるんだ。一人の男を」と力説するロン。果たして、彼らの潜入捜査はうまくいくのか?そしてKKKの目的とは一体……。

特報映像と併せて解禁となったティザービジュアルは、星条旗が白と黒のモノクロになり本来ならば左肩に配置されている白い星たちが左下に配置されている。そして中心には主人公ロン・ストールワースが何を企むのか、じっと真っ直ぐにこちらを見つめ腕を前で組みスッと立つ不敵な仕上がり。「黒人刑事KKK〈白人至上主義団体〉に潜入捜査」とロンの前には印象的なコピーが踊り、ロンの顔の隣には「この実話は、キケンだ。」と実話であるKKKへの潜入捜査が危険と隣り合わせであることを示唆。史上最も危険な潜入捜査の幕開けにふさわしいビジュアルが完成した。

また、オーサカ=モノレールの中田亮が本作の字幕監修を務めることも発表となった。

ストーリー概要

1979年、アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署でロン・ストールワースは初の黒人刑事として採用される。署内の白人刑事から冷遇されるも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に電話をかけてしまう。自ら黒人でありながら電話で徹底的に黒人差別発言を繰り返し、入会の面接まで進んでしまう。問題は黒人のロンはKKKと対面することができないことだ。そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、KKKとの直接対面はフリップが担当し、二人で1人の人物を演じることに。任務は過激派団体KKKの内部調査と行動を見張ること。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのかー!?

関連記事

黒人刑事がKKKに潜入捜査!スパイク・リー監督作『ブラック・クランズマン』、公開決定
持ち駒の中で必死にリベラルに振れたアカデミー賞、そして浮き彫りになった問題点

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com