『僕のワンダフル・ジャーニー』予告第一弾|新たな”犬生”をかけてつなぐ家族の絆

【予告篇】
『僕のワンダフル・ジャーニー』

9月全国ロードショー

何度も生まれ変わる犬のベイリーと、運命の再会を果たした飼い主イーサンが紡ぐ極上のラブストーリーが大きな感動を呼び、日本でもスマッシュヒットを飛ばした『僕のワンダフル・ライフ』の続編『僕のワンダフル・ジャーニー』より、予告第一弾が到着した。

前作でも好評を博した本シリーズの大きな魅力の一つが、何度も生まれ変わるというファンタジックな設定により、“主人公の犬”としても大小さまざまな犬種が登場すること。本作でもビーグル種のミックス、ヨークシャー・テリア、アフリカン・ボーアボールなど、個性豊かで可愛いワンちゃんたちが多数登場する。

ストーリー

50年で3回も生まれ変わり、最愛の飼い主イーサン(デニス・クエイド)との再会を果たした犬のベイリー。今では、イーサンと彼の妻ハンナ(マージ・ヘルゲンバーガー)、孫娘のCJと幸せに暮らしている。だが、CJのママのグロリア(ベティ・ギルピン)が、突然CJを連れて出て行ってしまう。夫を事故で亡くしたショックから立ち直れず、イーサンたちともうまくいかなくなったのだ。そんな中、今回の“犬生”も終わりを迎え、イーサンに別れを告げようとしたベイリーは、「CJを守ってほしい」という新たな<使命>を与えられる。少女から大人へと成長するまでの揺れる人生に寄り添うため、再び何度も生まれ変わり、CJの幸せのために奮闘するベイリー。今、失われてしまった家族の絆をつなぐための〈新たな、そして素晴らしい旅〉が始まる──!

公開情報

『僕のワンダフル・ジャーニー』
9月全国ロードショー
■出演:デニス・クエイド、キャスリン・プレスコット、ヘンリー・ラウ、マージ・ヘルゲンバーガー、ベティ・ギルピン、ジョシュ・ギャッド(声)
■監督:ゲイル・マンキューソ(TVシリーズ「モダン・ファミリー」)
■脚本:W・ブルース・キャメロン&キャスリン・ミション、マヤ・フォーブス&ウォレス・ウォロダースキー
■原作:W・ブルース・キャメロン
■製作:ギャヴィン・ポローン(『僕のワンダフル・ライフ』)
■製作総指揮:セス・ウィリアム・マイヤー、ラッセ・ハルストレム、ルーエン・ファン、ウェイ・チャン
■配給:東宝東和 ■全米公開:5月17日(金)
■公式HP:http://boku-wonderful.jp
■公式ツイッター:https://twitter.com/bokuwonderful #僕のワンダフル・ジャーニー
■公式facebook:https://www.facebook.com/bokuwonderful
■コピーライト:© Universal Pictures and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

他の記事も読む

関連記事

『僕のワンダフル・ライフ』続編が9月公開決定
「犬が死んでしまって悲しいお話でしょ」という先入観は持たずに『僕のワンダフル・ライフ』を見て!
『ダンボ』感想&合わせて楽しみたい動物映画15選!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com