どっちが本命?クリステン・スチュワートVSブレイク・ライブリー

ウディ・アレン監督の最新作、映画『カフェ・ソサエティ』から、ダブル・ヒロインの姿をとらえた新たな場面写真がシネマズに到着した。

映画『カフェ・ソサエティ』ダブル・ヒロインの場面写真

カフェ・ソサエティ メイン

もっと刺激的で、胸のときめく人生を送りたい。漠然とそんな願望を抱いたニューヨークの平凡な青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)がハリウッドを訪れる。時は1930年代、この華やかなりし映画の都には、全米から明日の成功を目指す人々が集まり、熱気に満ちていた。映画業界の大物エージェントとして財を築いた叔父フィル(スティーヴ・カレル)のもとで働きはじめたボビーは、彼の秘書ヴォニー(クリステン・スチュワート)の美しさに心を奪われる。ひょんな幸運にも恵まれてヴォニーと親密になったボビーは、彼女との結婚を思い描くが、うかつにも彼はまったく気づいていなかった。ヴォニーには密かに交際中の別の男性がいることに――

カフェ・ソサエティ サブ

映画『カフェ・ソサエティ』は、ウディ・アレンが監督・脚本を担当する最新作で、3人の男女が織りなすもつれた恋を通して、“人生の選択”を描く大人のロマンティック・コメディ。

世間知らずの主人公・ボビーを『ソーシャル・ネットワーク』のジェシー・アイゼンバーグが演じる。そしてボビーからの求愛に迷うヴェロニカ、愛称・ヴォニーをクリステン・スチュワート、そしてボビーの前に現れるもうひとりの美女ヴェロニカをブレイク・ライブリーが演じるほか、スティーヴ・カレル、パーカー・ポージーらが脇を固める。

このたび本作の新たな場面写真がシネマズに到着した。

カフェ・ソサエティ サブ8

場面写真は、クリステン・スチュワート演じる秘書ヴェロニカと、ブレイク・ライブリー演じるもうひとりのヴェロニカ、ダブル・ヒロインのシーン。

クリステン・スチュワートは、ウディ・アレン監督から「陽気さと軽やかな雰囲気をだすように」と注文があったことを明かし「この映画には、“もしかして”があふれていて、それが私を愛おしくさせる。なぜなら、それが人生だから」と本作について語っている。

カフェ・ソサエティ サブ9

一方、ブレイク・ライブリーは本作で描かれる“愛”について「この脚本で好きなのは、それぞれの登場人物に深く愛されるだけの理由があるところ。愛され方が異なっている。ある人は少し愛され、ある人はとても愛される。特に理由はなくて、気持ちや相性の問題に尽きるわ。愛というのは、誰かが他の人より優れていることを意味するのではなく、誰かがあなたの心をよりときめかせるかということなのよ」とコメントを寄せている。

カフェ・ソサエティ ポスタービジュアル

映画『カフェ・ソサエティ』は2017年5月5日(金)、TOHOシネマズみゆき座ほか全国公開。

画像ギャラリー

(C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

関連記事

ウディ・アレン最新作『カフェ・ソサエティ』予告解禁
禁断の扉の先に…『パーソナル・ショッパー』予告解禁
Mファスベンダー×Aヴィキャンデル、麗しき夫婦の姿
普通のラブコメに飽きた大人へ。ユニークな恋愛映画のおすすめ
「映画の共演がきっかけで結婚した2人」まとめ!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com