すべての“働く人”へ。福士蒼汰主演『ちょっと今から仕事やめてくる』

北川恵海による同名人気小説を、福士蒼汰主演、成島出監督で映画化する『ちょっと今から仕事やめてくる』が、2017年5月27日より公開となる。

ベストセラー小説を映画化『ちょっと今から仕事やめてくる』

ちょっと今から仕事やめてくる

ブラック企業で働く青山隆(工藤阿須加)は、仕事のノルマが厳しく精神的に追い詰められていた。疲労のあまり駅のホームで意識を失い、危うく電車に跳ねられそうになってしまう。すんでのところで青山を救ったのは、幼馴染みのヤマモト(福士蒼汰)と名乗る男。だが、青山には彼の記憶がまったく無かった。大阪弁でいつでも爽やかな笑顔をみせる謎の男・ヤマモトと出会ってからというもの、隆は本来の明るさを取り戻し仕事の成績も次第に上がってゆく。そんなある日、隆はヤマモトが深刻な表情で墓地行きのバスに乗車するところを見かける。不審に思った隆がヤマモトについて調べてゆくと、何とヤマモトは3年前に自殺していたことが分かる。それではヤマモトと名乗る、あの男は一体何者なのか――

ちょっと今から仕事やめてくる サブ1

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』は、北川恵海の同名人気小説を映画化する作品。その風変わりなタイトルと軽妙な語り口ながら、今の時代に即した重いテーマ「長時間労働」「パワハラ」「自殺」などを扱い、原作小説は“働く人”の共感を誘い話題を集め、第21回電撃小説大賞「メディアワークス文庫賞」受賞、発行部数60万部を突破するベストセラーとなっている。

ちょっと今から仕事やめてくる サブ3

本作の主演で、最大の魅力である謎の男・ヤマモト役を演じるのは、若手人気実力派俳優の福士蒼汰。子供のように無邪気によく笑い、常にテンションが高めで明るい男を演じる。

ちょっと今から仕事やめてくる サブ7

さらに、ブラック企業で働くサラリーマン・青山隆に工藤阿須加。そのほか、青山の憧れの先輩社員に黒木華、青山の両親役に森口瑤子と池田成志、ヤマモトの謎を知る女性に小池栄子、青山を追い詰めるパワハラ上司に吉田鋼太郎ら実力派俳優が脇を固める。

メガホンをとるのは『八日目の蝉』『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』の成島出監督。主題歌はコブクロが担当する。

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』は2017年5月27日(土)より、全国東宝系にてロードショー。

画像ギャラリー

(C)2017 映画「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会

関連記事

福士蒼汰主演、成島出監督で映画化決定『ちょっと今から仕事やめてくる』
福士蒼汰主演!有川浩「旅猫リポート」映画化決定!
【インタビュー】映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』主演・黒木華
『海賊とよばれた男』が“イイ話”ではない理由
『帝一の國』菅田将暉はふんどし姿もすごいんです!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事