結成20周年BRAHMANのドキュメンタリー映画公開決定!監督は箭内道彦

今年20周年を迎えるハードコア・パンクバンドBRAHMANのドキュメンタリー映画『ブラフマン』が2015年7月4日より公開される。

本作ではライブで荒々しいパフォーマンスを繰り広げる4人のステージ外での様子を、1台のカメラで捉え、1人ひとりの素顔を赤裸々に描く。さらに本作は「NO MUSIC,NO LIFE.」や、広瀬すずの『ゼクシィ』のCMでも話題になった、クリエイティブディレクター箭内道彦氏の初監督作品となる。

ブラフマン BRAHMAN 箭内道彦監督
(C)2015 映画「ブラフマン」製作委員会

今回の発表にあわせて解禁となった、映画のポスタービジュアルには、ツアーで訪れた福島県阿武隈川沿いに佇むメンバーの後ろ姿が写されている。写真撮影および題字は映画同様に箭内道彦監督が担当。

箭内道彦監督は「すごいアクシデントが起きたり、血や涙が流れたり、そういった期待に応えることのできる映画には、絶対にならない気がしています」と語るが、それ以上に深い、カリスマバンドの「人間」としての素顔が記録されている。

映画『ブラフマン』は、2015年7月4日(土)より全国公開。

関連リンク

爆音上映決定!『ソレダケ/that’s it』公開初日ライブハウスで開催
バックストリート・ボーイズのドキュメンタリー映画が最新ライブ映像付で公開
癒されて高ぶられろ!『トイレのピエタ』野田洋次郎所属・RADWINPS名曲選

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事