清野菜名初主演の押井守監督の実写最新作『東京無国籍少女』公開決定

押井守監督がメガホンを取った実写サスペンススリラー『東京無国籍少女』の劇場公開が決定した。『TOKYO TRIBE』のヒロイン役で注目を集めた女優の清野菜名が映画では初めての主演を務める。

押井守 東京無国籍少女
(c)2015東映ビデオ

本作の舞台は、とある女子美術高等専門学校。清野演じる藍は、かつて天才と賞賛されていたが事故の影響で心に傷を抱え、今では一人謎のオブジェを作り続けている。彼女を利用しようとする大人や、嫉妬を募らせる同級生達に囲まれ逃げ場のない学園生活の中で、少女の日常が崩れていく様が描かれる。

清野は撮影について「今回は表情で表現することがほとんどで、意思は強いんだけど、どこか切ない。反比例する感情が多かったので台詞がないのもすごく難しいなと思いました」とコメント。押井監督は、そんな清野に対して「ときおり放つ冴えた殺気が魅力的でした」と感嘆の言葉を送っている。

「自分自身で設けてきた枠を外そうと考えていた」と語る押井監督が、これまで避けてきた凄惨(せいさん)な暴力や性的描写を解禁して臨んだ“挑戦”作品となっている。

映画『東京無国籍少女』は2015年7月25日より全国公開。

関連リンク

押井守でオールナイト!「押井守映画祭2015・第二夜」が池袋で開催決定!
あの美人空手女子も!映画『少女は異世界で戦った』アンコール上映スタート
筧利夫、真野恵里菜ら豪華キャスト陣登壇!劇場版パトレイバー舞台挨拶決定
実力派から注目の若手まで!映画『トイレのピエタ』出演者プロフィールまとめ

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com