フランケン、ヘドラ、メガロ…『カルト大怪獣まつり』4作品をオールナイト上映

2015年6月6日(土)、東京・池袋の新文芸坐にて『東宝特撮カルト大怪獣まつり』がオールナイト上映される。

カルト大怪獣 新文芸坐
(C) 1966 TOHO co.,ltd,

怪獣映画に特化し、35mmフィルムで上映を行う本イベントにて上映される作品は『フランケンシュタイン対地底怪獣〈バラゴン〉』(1965)『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(1966)『ゴジラ対ヘドラ』(1971)『ゴジラ対メガロ』(1973)の4作品。

『フランケンシュタイン』は『ゴジラ』シリーズ第1作を手がけた本多猪四郎監督と特撮監督の円谷英二のコンビによる作品、『ゴジラ対ヘドラ』は2014年公開のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』で製作総指揮を務めた坂野義光監督の作品、『ゴジラ対メガロ』は堺正章の孫悟空で知られる『西遊記』を手がけた福田純監督の作品となっている。

チケットは現在発売中。週末はカルトな怪獣映画を4本連続オールナイトで鑑賞してみるのはいかがだろうか。

関連リンク

カルト編で最終回!『押井守映画祭2015』第四夜の開催内容が決定!
「アイドルだからこそホラーがつとまる」中田ホラー上映イベントレポ。デカキンも登場
街中を萌やしつくせ!ウルトラ怪獣擬人化計画Tシャツが発売開始
ウルトラマンシンフォニーオーケストラが結成!円谷プロの世界を選りすぐる
ウルトラマンシリーズ最新作!『ウルトラマンX』15年7月より放送開始

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com