『クロール ―凶暴領域―』日本版予告編・ポスタービジュアル|10/11公開決定!

【公開情報・日本版予告編・ポスタービジュアル】
『クロール ―凶暴領域―』
10月11日(金)全国公開

サム・ライミが新たに仕掛ける、究極の極限状態のサバイバルスリラー『CRAWL(原題)』が、邦題『クロール ―凶暴領域―』として10月11日(金)に公開されることが決定し、日本版予告編とポスタービジュアルが解禁された。

本作は、サメを遥かに超える獰猛さで水陸で人間に襲い掛かる地球最強の捕食生物=ワニと、巨大ハリケーンという絶対に生存不可能な最恐最悪の組合せによる究極の極限状態からのサバイバルを描く。

最大級のハリケーンに見舞われ、雨風によって実家に閉じ込められ、大量発生したワニから、負傷した父と共に脱出を図る主人公ヘイリー役は、2019年カルティエの新モデルに抜擢され、『メイズ・ランナー』シリーズや、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のニューヒロインとしての来日も記憶に新しいカヤ・スコデラリオが、彼女の父親役は『プライベート・ライアン』などで知られるバリー・ペッパーが務める。

ストーリー

思い出の我が家はヤツらのテリトリー
大学競泳選手のヘイリーは、疎遠になっていた父が、巨大ハリケーンに襲われた故郷フロリダで連絡が取れなくなっていることを知り、実家へ探しに戻る。地下で重傷を負い気絶している父を見つけるが、彼女もまた、何ものかによって地下室奥に引き摺り込まれ、右足に重傷を負ってしまう―――

公開情報

『クロール ―凶暴領域―』
■監督:アレクサンドル・アジャ ■製作:サム・ライミ 
■キャスト:カヤ・スコデラリオ、バリー・ペッパー  ■全米公開:7月12日(金) ■PG-12
■原題:Crawl ■配給:東和ピクチャーズ 
■コピーライト:(C) 2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

他の記事も読む

関連記事

大ヒット中の「ドント・ブリーズ」、てんとう虫に隠された重要な意味とは?
『ドント・ブリーズ』が『ローグ・ワン』と並ぶ必見作である5つの理由

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com