『クレイジー・リッチ!』公開記念、“御曹司”が登場するラブ&ゴージャスな映画特集!

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

シンガポールを舞台に恋人とそのセレブ一族との間で揺れる独身女性の葛藤と成長を描いた映画『クレイジー・リッチ!』が9月28日(金)より公開。この作品に共通する、“御曹司”が登場するラブ&ゴージャスな映画3作品を紹介しよう。

『クレイジー・リッチ!』は、世界17カ国で出版され女性の心を掴みベストセラーとなった大人気小説の映画化。ハイセンスなファッションに身を包み、目も眩むようなゴージャスな世界で繰り広げられる、<アジアNo.1バチェラー>を巡る女たちのバトルを描いている。

ニューヨークで働く主人公レイチェルは、恋人ニックと一緒に彼の故郷シンガポールへ訪れる。そこで知らされた衝撃の事実-なんと彼はアジア屈指の不動産王の御曹司だったのだ。突然セレブの世界へと足を踏み入れたレイチェルは、ニックの母には金目当ての交際と思われ、元カノや社交界のセレブ女子からの嫉妬は深く、二人の仲を引き裂こうとする。そんな苦難を強いられるレイチェルにさらなる試練が立ちはだかる――。

強烈な女たちのバトルが繰り広げられる中、困難に立ち向かう主人公レイチェルは、現代を生きる等身大の女性として新たなミューズになること間違いなし。『セックス・アンド・ザ・シティ』『プラダを着た悪魔』に続く“私たちの物語”。“本当の幸せ”を見つけるために奮闘する世界中の女性たちへ贈るゴールイン♡ムービーが誕生した。

豪華絢爛、すべての女性が憧れるポイントが盛りだくさん
“御曹司”が登場するラブ&ゴージャスな映画特集

脅威の全米3週連続一位を飾り、ハリウッドでも大きな話題を呼んでいる『クレイジー・リッチ!』。≪身分違いの恋≫というシンデレラストーリーをおもしろ可笑しく、かつ現代的に描いているストーリーや、豪華絢爛な衣装&ロケーションが注目ポイントだ。そんな本作公開を記念して、“御曹司”エピソードてんこ盛りの過去の名作を振りながら、本作の魅力や“御曹司”ニック・ヤンを演じたヘンリー・ゴールディングついても紹介しよう。

★『クレイジー・リッチ!』(2018)

© 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

主人公・レイチェルの恋人ニックを演じているのは、ヘンリー・ゴールディング。なんと彼はこれまで演技の経験はほとんどなく、しかも劇画での演技は未経験だったが、監督のジョン・M・チュウの熱烈なラブ・コールにより本作出演へと至った異例の経歴の持ち主。しかも、ハネムーンを早めに切り上げて撮影に参加したというエピソードつき。本作にかける思いは人一倍だ。

そんな彼が<アジアNo.1バチェラー>を演じるにあたり、ラブストーリーの名作『ローマの休日』(1953)でオードリー・ヘプバーン演じる王女アンの恋人、新聞記者ジョーを演じたグレゴリー・ペックを参考にしたという。No.1バチェラーにふさわしく、心の広いジェントルマンの余裕を魅せた演技に、女性の観客もうっとりすること間違いなし。また、本作への出演を皮切りに続々と新作映画への出演が決定。ミステリー映画『A Simple Fravor(原題)』では、アナ・ケンドリックとブレイク・ライヴリーと共演。『クレイジー・リッチ!』とは一転してミステリータッチの作品となっており、突如として謎の失踪を遂げるブレイク・ライヴリー演じるエミリーの夫役を演じている。その他、ポール・フェイグ監督『Last Christmas(原題)』でエミリア・クラークとの共演が決定するなど、ヘンリー・ゴールディングの今後に注目だ。

★『華麗なるギャツビー』(2013)

華麗なるギャツビー(字幕版)

20世紀最後の2枚目俳優レオナルド・ディカプリオが1920年代に巨万の富を一時にして築いたギャツビーを演じているが、亭主のいる女性を一途に思い続けるというそのルックスとは裏腹に報われない恋にのめりこんでいく様子を描く物語となっている。

≪あらすじ≫
ニック(トビー・マグワイア)が暮らす家の隣に建つ贅の限りを尽くした宮殿のような豪邸。そこで毎晩のように盛大なパーティーを開く若き大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)とパーティに出席したことをきっかけに親睦を深めていく。そして、彼はどこからやって来たのか、いかにしてばく大な富を得たのか、なぜパーティーを開催し続けるのか、日を追うごとに彼への疑問を大きく膨らませていくニック。やがて、名家の出身ながらも身寄りがないこと、戦争でさまざまな勲章を受けたことなど彼にまつわる様々な事実が明かされていく…。

本作の見どころはなんといっても、その豪華絢爛なパーティシーン。そのパーティシーンにはなんと総額100億円をかけ、実際の豪邸のセットを作り、パーティで狂喜乱舞する人やダンサーなどすべてCGではなく、実物でその空間を再現されている。また、劇場での見せ方もパーティシーンへの没入感をより強くするために3Dでの演出も取り入れている。

★『星の王子 ニューヨークへ行く』(1988)

星の王子ニューヨークへ行く (字幕版)

本作は、『ビバリーヒルズコップ』のお調子者キャラから『ナッティー・プロフェッサー』シリーズのクランプ教授など役によってカメレオンのようにその表情を変える俳優エディ・マーフィが架空の王国ザムンダの王子・アキームを演じている。

≪あらすじ≫
主人公のアキームは一国の王子として何不自由ない生活を送っていたが、次の国王たる彼にはすでに生まれた時からアキームの妃となるべく教育を受けた女性が用意されており、そんな状況に嫌気が刺してしまう。そして、彼は世話役のセミと共にニューヨークへ真の花嫁探しの旅に出る。彼は一目惚れしたリサに近づくため、留学生としてリサの親が経営するハンバーガー・ショップで働くが…。

この作品では冒頭に挙げた『クレイジー・リッチ!』と同様に一国の王子・アキームとハンバーガー店の一人娘・リサという二人の全く身分の違う恋を描いており、その恋模様をエディ・マーフィお得意のコメディを基調に仕上げられた名作となっている!また本作の続編製作に向け、米パラマウントも動き出しており、キャストについてはまだ未定だがエディ・マーフィが続投するとの噂も上がっている。

=================================

いつの時代も憧れの的の“御曹司”。これまで数々のイケメン俳優たちが演じ、女性たちを楽しませてきました。豪華絢爛なロケーション、そして、身分違いの恋というラブ&ゴージャスなエッセンスがふんだんに盛り込んだ“御曹司ムービー”の現代にアップデートされた作品が『クレイジー・リッチ!』と言える。現代社会で戦うすべての女性に贈るシンデレラストーリーとなっている。

関連記事

全米で2週連続1位獲得!『クレイジー・リッチ!』 原作者コメント独占解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com