『デス・ウィッシュ』みうらじゅん特製イラスト・各界著名人のコメントを先行入手!

© 2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

ブルース・ウィリスが主演を務めるイーライ・ロス監督の最新作『デス・ウィッシュ』が2018年10月19日(金)より公開される。この度、みうらじゅんが手掛けた本作の特製イラストと各界著名人からの応援コメントを先行入手した。

ブライアン・ガーフィールドの「狼よさらば」を原作に、1974年にチャールズ・ブロンソンが主演を務めた伝説の同名映画を、鬼才イーライ・ロス監督が斬新な演出でリメイクする本作。スマホやYouTubeなど現代ならではの要素を取り入れ、善と悪の境界線の狭間でスタイリッシュかつド派手なアクションが展開する。

警察の手におえない犯罪都市となったシカゴで救急患者を診る外科医ポール・カージー。ある日、家族が何者かに襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまう。一向に進まない警察の捜査に怒りの頂点に達したポールは自ら銃を手に取り、犯人を抹殺するため危険な街へと繰り出し始める。犯罪者には死あるのみ。外科医と処刑人2つの顔を持つ過激な男の壮絶な復讐劇が幕を開ける。

主人公のポール・カージーを演じるのは、本格的アクション大作映画への出演は『REDリターンズ』以来となるブルース・ウィリス。共演に、ビンセント・ドノフリオ(『ジュラシック・ワールド』)、エリザベス・シュー(『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』)、モデルのカミ・モローネが名を連ねる。イーライ・ロスが監督を務めるほか、脚本を『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の監督・脚本を務めたジョー・カーナハンが担当する。

1974年公開の『狼よ、さらば』で主演を務めたチャールズ・ブロンソンの大ファンというみうらじゅん。特製イラストは、某CMで「う~ん、マンダム」のセリフで一世を風靡したチャールズ・ブロンソンがチャーミングなウィンクと共に、「任せたぜ、ブルース!」と新生『デス・ウィッシュ』の主演・ブルース・ウィリスへダンディに激励を送るイラストとなっている。

みうらは、「ブロンソン不在で街はまたもオオカミだらけですウィッシュ!もう許せん!ブルース・ウィリスに自警団交代ですウィッシュ!狼よさらば。」と、旧作への愛を溢れさせながら、本作のタイトルであり、『狼よ、さらば』の原題でもある『デス・ウィッシュ』にかけて大興奮のコメントを寄せた。

ほかにも各界著名人から多くのコメントが到着しており、アントニオ猪木は、「元気ですかー!ブルース・ウィリス扮する外科医の心の中で、復讐心と良心との闘いのゴングが鳴る!迷わず観ろよ、観ればわかるさ。」と猪木節が炸裂のコメント。また、闘魂三銃士の一人でもあるプロレスラーの武藤敬司は「命を救う外科医が大切な人を失った時ダークヒーローとなった。この二面性、武藤敬司とグレート・ムタのようだ。ブルース・ウィリスの演技に脱帽!」と主人公・カージーの姿を自身のリング上での姿と重ねて絶賛している。

芸能界からは、小堺一機と関根勤からそれぞれに熱いコメントが。小堺からは「痛快!!外科医と処刑人の2つの顔をブルース・ウィリスが、メビウスの輪の様に演じ、含みあるラストも往年のハリウッドテイストで男心をくすぐる!いいぞ!ブルース!!カッコイイ!!」、関根は「この復讐には純然たる理由がある!これ程までに主人公を応援した記憶がない!」と情感たっぷりのコメントが届いた。

映画界からは、ドキュメンタリー監督の松江哲明監督から「『ここまでやらなければいけない』という覚悟と共にジャンル映画道を突き進むイーライ・ロス。そのさじ加減が絶妙かつ見事。」と、本作を手掛けたイーライ・ロスの覚悟と演出の妙を絶賛。また、今年の春、センセーショナルを起こしたトラウマサスペンス映画『ミスミソウ』の内藤瑛亮監督は、「昨今重々しくなりがちな題材をイーライ・ロスは軽快に描く。ビール飲みながら観たいタイプのヴィジランテ映画だよ。」とテーマとは裏腹な本作の痛快な展開に対して賛美を送っている。

映画『デス・ウィッシュ』は、2018年10月19日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

みうらじゅん(イラストレーター)コメント

ブロンソン不在で街はまたもオオカミだらけですウィッシュ!もう許せん!
ブルース・ウィリスに自警団交代ですウィッシュ!狼よさらば。

アントニオ猪木 コメント

元気ですかー!
ブルース・ウィリス扮する外科医の心の中で、
復讐心と良心との闘いのゴングが鳴る!
迷わず観ろよ、観ればわかるさ。

武藤敬司(プロレスラー) コメント

命を救う外科医が大切な人を失った時ダークヒーローとなった。
この二面性、武藤敬司とグレート・ムタのようだ。ブルース・ウィリスの演技に脱帽!

小堺一機 コメント

痛快!!外科医と処刑人の2つの顔をブルース・ウィリスが、メビウスの輪の様に演じ、
含みあるラストも往年のハリウッドテイストで男心をくすぐる!いいぞ!ブルース!!カッコイイ!!

関根勤(タレント) コメント

この復讐には純然たる理由がある!
これ程までに主人公を応援した記憶がない!

松江哲明(ドキュメンタリー監督) コメント

「ここまでやらなければいけない」という覚悟と共にジャンル映画道を突き進むイーライ・ロス。
そのさじ加減が絶妙かつ見事。

内藤瑛亮(映画監督) コメント

昨今重々しくなりがちな題材をイーライ・ロスは軽快に描く。
ビール飲みながら観たいタイプのヴィジランテ映画だよ。

杉作J太郎(男の墓場プロダクション局長) コメント

やられてやり返すのに免許も理屈も遠慮もいらない。
ブルース・ウィリスが見せる痛快100倍返し!

有村昆(映画コメンテーター) コメント

善良な市民が復讐と正義感のために殺人中毒のヒーロー気取りになってしまう問題作。
現在の米国の銃規制問題まで考えさせられる。

石井健夫(銃器&映画ライター) コメント

復讐に燃える外科医。社会の病巣切除手術の道具は最新型の銃!
ベサニーの銃砲店に俺も行きたい!

天木じゅん(グラビアアイドル・女優) コメント

とても感動しました!大切な家族を守るカージーが本当にカッコ良かったです!
#愛は正義 #お父さんは最強 #スタイリッシュ #今っぽい #見終わったらyoutube検索しがち

RaMu(タレント・YOUTUBER) コメント

ダークヒーロー!痛快でスピーディな展開見応えハンパなし!
どんな情報も手に入る現代社会、誰でもポールになる可能性を秘めている、、、。

鈴木咲(グラビアアイドル・タレント) コメント

アクションのイメージが強いブルースウィリスの銃に慣れていない演技が新鮮!
家族の為に手を汚す父親は正義か悪か、必見です!

プチ・ブルース(ブルース・ウィリスものまね芸人) コメント

幸せな家庭を破壊された怒りが、外科医を処刑人へと奮い立たせた!
ブルース・ウィリスの本格アクションが伝説の名作と共に蘇る!

人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー) コメント

自警団モノの名作が殺意増し増しで帰ってきた!
外科医ブルースが悪党に喰らわせる、痛覚限界突破のメディカル拷問は鳥肌モノだ!

ストーリー概要

犯罪が多発し、警察の手に負えない無法地帯と化した街、シカゴ。救急救命の患者を診る外科医ポール・カージー(ブルース・ウィリス)は、毎日犯罪に巻き込まれた患者の生死に立ち会っていた。裕福で幸せな家庭だけが彼の平穏の地だった。しかし、ポールが留守のうちに家族は何者かに襲われ、妻は死に、娘は昏睡状態になってしまう。ポールの願いも空しく警察の捜査は一向に進展をみせなかった。怒りの頂点に達したポールは、犯人を抹殺するべく自ら銃を手に取り、危険な街へと繰り出し始める―。

関連記事

ブルース・ウィリス主演×鬼才イーライ・ロス『デス・ウィッシュ』が10月に公開!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com