『ドクター・スリープ』あの“呪われたホテル”で『シャイニング』の恐怖再び!

スティーヴン・キングが、2013年に発表した小説を基に、ユアン・マクレガーが幼い頃壮絶な惨劇を生き延び、大人になったダニーを演じる『ドクター・スリープ』が、11月29日(金)日本公開となる。

歴史的最高傑作『シャイニング』の40年後を描いた『ドクター・スリープ』の最大の見どころの一つは、幼き日の惨劇を経験し、そのトラウマによって人を避けるように暮らしているダニー(ユアン・マクレガー)が、不可解な児童連続失踪事件の謎を追って“呪われたホテル”に再び戻ること。何を隠そう『シャイニング』でホテルの呪いによって狂った父ジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)による40年前の惨劇の舞台となった場所だ。今回、彼の幼い心にトラウマを植え付けた惨劇と“呪われたホテル”の住人について振り返る。

幼いダニーは雪山の中外で遊ぶこともできずに退屈し、三輪車でホテル中を走り回る。すると廊下の先に「遊びましょう」とダニーを誘う、不気味な双子の姉妹の姿が。さらに237号室のバスタブの中には老婆の姿が、エレベーターからは血しぶきがあふれ出す。ダニーと両親しかいないはずの“呪われたホテル”には、たくさんの「住人」が潜んでいたのだ。「住人」が起こす不可解な現象を目にして狂ってしまった父ジャックがダニーたち家族を手にかけようとし、遂には惨劇が起こる。ダニーは母ウェンディの配慮で命からがらホテルを脱出し、一命をとりとめることになったのだ。『シャイニング』から40年、ついに“呪われたホテル”の謎が明らかになる。

『ドクター・スリープ』では、“特別な力(シャイニング)”を持つ少女アブラが成長したダニーの前に現れる。謎の児童失踪事件を追って、ダニーは再び“呪われたホテル”に戻ることを決意。ホテルの重い扉の先では、「おかえり、ダニー」と囁く声がダニーを歓迎する。声の主はあの双子の姉妹だった。続いて、バスタブの中の老婆や血のエレベーターなどが “呪われたホテル”に姿を現す。呪われたホテルの封印が解かれるとき、ダニーとアブラに“新たな恐怖”が襲い掛かる。

スティーヴン・キングが仕掛ける最大の謎、その真相はスクリーンで確かめるしかない。

ストーリー

40年前の雪山のホテルの惨劇を生き残ったダニーの周りで、児童ばかりを狙った不可解な失踪事件が起きる。ある日、彼の前に特別な力を持つ少女アブラが現れる。少女はその力で事件を目撃し、狂信的集団に命を狙われている。ダニーと少女はこの事件の謎を追い辿り着いたのはあの惨劇の『シャイニング』のホテルだった…今、事件の裏に隠された恐ろしい【謎】が明かされる。

公開情報

タイトル:ドクター・スリープ/DOCTOR SLEEP(原題) 全米公開11月8日
原作:スティーヴン・キング「ドクター・スリープ」(文春文庫刊) 
監督&脚本:マイク・フラナガン(『ジェラルドのゲーム』スティーヴン・キング原作、『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』)
キャスト:ユアン・マクレガー(『スター・ウォーズ』シリーズ)レベッカ・ファーガソン(『ミッション:インポッシブル』シリーズ、『グレイテスト・ショーマン』) カイリー・カラン
公式サイト:doctor-sleep.jp #ドクタースリープ 
©2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

『シャイニング』
北米公開版<4K ULTRA HD&HD デジタル・リマスター ブルーレイ>(2枚組)¥6,345+税
ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント
© 1980 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

他の記事も読む

関連記事

『ドクター・スリープ』日本版特報&場面写真解禁|スティーヴン・キング最新作
『蜘蛛の巣を払う女』公開記念、<双子の物語>特集

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com