名探偵コナンがV5!67億円突破で間もなくシリーズ記録を更新!

先週末(2018年5月12日〜5月13日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(→)『名探偵コナン ゼロの執行人』

2位(→)『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

3位(NEW)『孤狼の血』

4位(⇒)『ラプラスの魔女』

5位(NEW)『さらば青春、されど青春。』

6位(↓)『レディ・プレイヤー1』

7位(→)『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ -拉麺大乱-』

8位(↓)『リメンバー・ミー』

9位(↓)『となりの怪物くん』

10位(↓)『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』

(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会   

 今週の映画動員ランキングは、『名探偵コナン ゼロの執行人』が、土日2日間で動員19万9000人、興収2億7700万円をあげ、5週連続の1位となった。累計では、動員519万人、興収67億円を突破。最終興収68.9億円をあげ、劇場版シリーズ最高興収記録をもつ前作『名探偵コナン から紅の恋歌』まであと2億円弱に迫り、6作連続での記録更新に王手をかけた。

 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、土日2日間で動員12万8000人、興収2億100万円をあげ2位をキープ。累計興収はマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品史上最速で30億円を突破したと発表された。

 “警察小説×仁義なき戦い”と評される柚月裕子の同名小説を、役所広司、松坂桃李、真木よう子、江口洋介ら豪華キャストで映画化した『孤狼の血』は、土日2日間で動員11万3000人、興収1億4700万円をあげ、3位スタートを切った。

宗教家の大川隆法が製作総指揮・原案を務め、幸福の科学出版が製作した、昭和50年の東京が舞台のラブストーリー『さらば青春、されど青春。』は、5位に初登場。

 既存作品では、6位の『レディ・プレイヤー1』が、累計で動員131万人、興収21億円、7位の『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ -拉麺大乱-』が、動員133万人、興収15億円、8位の『リメンバー・ミー』が動員386万人、興収48億円を突破している。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com