秋ドラマ初回視聴率1位は『相棒』!今クールはテレ朝ドラマがリード!?

Photo via Visual Hunt 

2018年10月15日の週で10月クールのドラマが全て出揃い、視聴率も出揃った。

初回放送の視聴率でトップに立ったのはテレビ朝日系で水曜21時より放送されている水谷豊主演の「相棒 season17」。シリーズ17作目となるが、安定した人気を博している。

同じくテレビ朝日系ドラマで、木曜21時より放送されている米倉涼子主演「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」も好調だ。初回視聴率は15.0%と『相棒 season17』に後塵を拝したが、第2回の視聴率は18.1%へ大幅にアップ。「ドクターX ~外科医・大門未知子~」に続き、米倉涼子主演ドラマの好調が続いている。

※『相棒 season17』の第2回は2018年10月23日時点でまだ未放送。

テレビ朝日系ドラマは沢口靖子主演の「科捜研の女」も13.4%と好調。こちらは「相棒」をも超えるシリーズ18作目となっているが、安定した人気を博している。

織田裕二主演のフジテレビ系月9ドラマ「SUITS/スーツ」も好調だ。初回視聴率は14.2%と月9枠では『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 THE THIRD SEASON』以来の高数字となった。第2話は11.1%に数字を落としたが、二桁をキープしている。

予想と異なり数字が伸びていないドラマもある。TBS系の日曜21時放送の「下町ロケット」は、13.9%という数字は悪い数字ではないが、2015年版の初回視聴率は16.1%であったので少々物足りない数字となっている。

その他「獣になれない私たち」(初回視聴率11.5%)や「中学聖日記」(初回視聴率6.0%)なども思った以上に数字が出せていない印象だ。

「大恋愛~僕を忘れる君と」は初回視聴率は10.4%で、第2回は10.6%と上昇。評判も非常に良く、金曜日という特性上外的要因に影響もされやすい枠ではあるが、注目の作品であることには間違いなさそうだ。

(文:シネマズ編集部)

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com