今週末公開の映画はコレだ![2018年 9月28日・29日]

2018年9月28日・29日に公開される映画たちを紹介します。

9月28日(金)

『ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「イェルマ」』

□作品概要

子宝に恵まれない女性が苦悩の末、悲劇を引き起こす――。

□キャスト
ビリー・パイパー
ジョン・マクミラン
ブレンダン・カウエル

□ホームページ
https://www.nakasu-taiyo.co.jp/movie/detail.php?seq=990

『DTC 湯けむり純情篇 from HiGH&LOW』

□作品概要

愛されトリオ【DTC】がバイク旅へ! 友情・愛情・人情たっぷりの純情旅が、いま、始まる――! 刺激的な日々を駆け抜け、疲れ切ったダン【山下健二郎】、テッツ【佐藤寛太】、チハル【佐藤大樹】の3人は、高鳴る鼓動と青春(と女子)を求めて、行く先も決めずにバイクで旅に!行き着いた温泉街の旅館で出会った若女将・マリと、一人娘・メグミ。マリに恋心を募らせるチハルだが、マリと番頭・宮崎が互いに惹かれあっていると知る。娘を気遣い、再婚に踏み切れないでいた2人を助けるために、仲間の縦笛兄弟、かつては闘いあったSMG・達磨ベイビーズの協力を得て、3人はある作戦を実行することに!果たして、DTCの奇想天外な純情旅の結末は…?

□監督
平沼紀久

□キャスト
山下健二郎
佐藤寛太
佐藤大樹
鈴木伸之
廣瀬智紀
松田凌
西川俊介
西村一輝
水野勝
田中俊介
守屋光治
井澤勇貴
八木将康
天野浩成
笛木優子
駿河太郎
新井美羽

□ホームページ
https://high-low.jp/movies/dtc/

『クワイエット・プレイス』

□作品概要

音に反応し人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕した世界。そこでは、あるルールを守り、生き延びる一組の家族がいた。「決して、音を立ててはいけない」その“何か”は、呼吸の音も逃さない。その“何か”に一瞬でも聞かれると即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす彼らだが、なんと母親は出産を目前に控えているのであった。果たして彼らは、最後まで沈黙を守れるのか―――?

□監督
ジョン・クラシンスキー

□キャスト
エミリー・ブラント
ミリセント・シモンズ
ノア・ジュプ
ジョン・クラシンスキー
ケイド・ウッドワード
レオン・ラッサム

□ホームページ
https://quietplace.jp

『劇場版 フリクリ プログレ』

□作品概要

ありとあらゆる命題に明確な答えを用意せず、生理的欲望の充足のみをシコシコ満喫しその日暮らすような説得力ゼロ青少年たち。その中でなんてことない日常を過ごすヘッドフォンの少女ヒドミ。彼女が轢かれた夜、クラスメイトの少年・井出の額から巨大ロボットが出現した!ハル子から分裂したラハルとジンユと出会い、”特別なことなんてない日常”が終わりを告げる―!!!!!

□監督
荒井和人
海谷敏久
小川優樹
井端義秀
末澤慧
博史池畠

□キャスト
林原めぐみ
沢城みゆき
水瀬いのり
福山潤
村中知
中澤まさとも
黒沢ともよ
井上喜久子
大倉孝二
菅生隆之
浦山迅
鈴木れい子

□ホームページ
http://flcl-anime.com/progre/

『クレイジー・リッチ!』

□作品概要

生粋のニューヨーカーであるレイチェルは、恋人のニックが親友の結婚式に出席するため、一緒にシンガポールへ向かう。初めてのアジア旅行に胸を躍らせながらも、それまでニックが家族の話を避けているように感じていたレイチェルは、彼の家族に会うことにとても緊張していた。出発当日、空港で案内された先はファーストクラス……なんとニックは、かの国でもとりわけ裕福な一族の御曹司であるだけでなく、社交界の女性たちから超人気の独身男の一人だったのだ!そんなニックの恋人として現れたレイチェルに、嫉妬深いお嬢様たちだけでなく、ふたりの交際をよく思わないニックの母エレナまでもが立ちはだかるのだった。果たしてレイチェルは、クレイジーでリッチなこの世界で“本当の幸せ”を掴むことができるのか-!?

□監督
ジョン・チュウ

□キャスト
コンスタンス・ウー
ヘンリー・ゴールディング
ジェンマ・チャン
リサ・ルー
オークワフィナ
ハリー・シャム・Jr
ケン・チョン
ミシェル・ヨー

□ホームページ
https://warnerbros.co.jp/movies/detail.php?title_id=54615

『散り椿』

□作品概要

享保15年。かつて藩の不正を訴え出たが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛(岡田准一)は、連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れた折、彼女から最期の願いを託される。 「采女様を助けていただきたいのです……」と。 采女(西島秀俊)とは、平山道場・四天王の一人で新兵衛にとって良き友であったが、 二人には新兵衛の離郷に関わる大きな因縁があったのだ。 篠の願いと藩の不正事件の真相を突き止めようと、故郷・扇野藩に戻った新兵衛。 篠の妹・坂下里美(黒木華)と弟・藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛の真意に戸惑いながらも、凛とした彼の生き様にいつしか惹かれていくのだった。 散り椿が咲き誇る春—— ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙することになる。そこで過去の不正事件の真相と、切なくも愛に溢れた妻の本当の想いを知ることになるのだった……。 しかし、その裏では大きな力が新兵衛に迫っていた——。

□監督
木村大作

□キャスト
岡田准一
西島秀俊
黒木華
池松壮亮
麻生久美子
緒形直人
新井浩文
柳楽優弥
芳根京子
駿河太郎
渡辺大
石橋蓮司
富司純子
奥田瑛二

□ホームページ
http://chiritsubaki.jp

『かごの中の瞳』

□作品概要

ジーナは保険会社に勤める夫のジェームズと、彼の赴任先のタイ・バンコクで幸せな結婚生活を送っていた。子供の頃の交通事故で失明してしまったジーナだが、ジェームズの献身的な支えで、何の不自由もなく暮らしている。そんな二人の悩みと言えば、なかなか子供ができないことぐらいだった。ある日、医師のすすめで角膜移植にチャレンジしたジーナは、片目の視力を取り戻す。喜びに震えるジーナの瞳が捉えたのは、想像していたナイトのように頼もしい素敵な夫ではなく、地味で平凡な中年男の姿だった。心の奥底に眠っていた好奇心や冒険心が目を覚ましたジーナは、髪を染め流行のファッションで着飾り、外の世界へと飛び出していく。一方のジェームズは、徐々に嫉妬と疑念の思いを抱き始めていた。ところが突然、ジーナが再び視力を失い始める──。

□監督
マーク・フォースター

□キャスト
ブレイク・ライヴリー
ジェイソン・クラーク
ダニー・ヒューストン
アーナ・オライリー
ウェス・チャサム
ミケル・フェルナンデス
イヴォンヌ・ストラホフスキー

□ホームページ
http://www.kagonaka.jp

9月29日(土)

『太陽の塔』

□作品概要

1970年、高度経済成長に沸く日本で、「人類の進歩と調和」というテーマで開かれた大阪万博(日本万国博覧会)。そこでひときわ異彩を放っていたのが、テーマに反して周りと調和しようとしない太古のようなフォルムをした太陽の塔だった。あれから約半世紀、今もなお大阪のシンボルとしてそびえ立つ。テーマ展示プロデューサーであった岡本太郎は何を想い、何と闘い、なぜ太陽の塔を作ったのか。今となっては本人の口から語られることはない。それでも21世紀の今でも人びとが太陽の塔に惹かれるのは、岡本太郎が太陽の塔に込めたメッセージが、今のこの時代にこそ人々の心に響くからに他ならない。それはなぜなのか?それは何なのか? 当時、岡本太郎の周辺で太陽の塔の事業に関わっていた人々の貴重な証言と、美術研究家など様々な分野の専門家やアーティスト、クリエイターのインタビューや、太陽の塔のルーツ、そして同時期に制作された“明日の神話”のテーマを探る取材を通して、現代に生きる我々への太陽の塔からのメッセージを浮き彫りにしていく。

□監督
関根光才

□ホームページ
http://taiyo-no-to-movie.jp

『運命は踊る』

□作品概要

イスラエル・テルアビブのアパート。家族のもとに、息子が戦死したとの連絡が入る。取り乱し、悲しみに打ちひしがれる両親。しかし、それは誤報であり、息子は生きていることがわかる。一方、戦う相手もいない前哨基地で間延びした時間を過ごす息子。 遠く離れたふたつの場所で、父、母、息子――3人の運命は交錯し、すれ違っていく。

□監督
サミュエル・マオズ

□キャスト
リオル・ルイ・アシュケナージ
サラ・アドラー
ヨナタン・シライ
シーラ・ハース

□ホームページ
http://www.bitters.co.jp/foxtrot/

『セブンガールズ』

□作品概要

アメリカ軍の支配下にあった終戦直後、希望と尊厳を奪われたドン底の東京に、わずかな命を生きた娼婦達がいた。 家族の命を奪ったアメリカ軍人を相手に体を売る彼女達を人は蔑み、パンパンガールと呼ぶ。 戦地に男たちを取られ、配給も滞り今日食べる物さえ手に入らない。 戦災孤児や戦争未亡人、行く当てのない女たちは寄り添い、力強く生きていく。 そのパンパン宿にも8人の娼婦が助け合いながら生きていた。 どんなにつらくても、どんなに落ち込んだ日も、彼女たちは歌った。 いつかやってくるはずの、明日を信じて。 とっくに捨てた幸せ、あるはずのない愛、取り巻く男達の野心に翻弄されながらも、手を取り懸命に生きようとした彼女達の歌、「セブンガールズ」が、瓦礫の街に今日も聞こえる。

□監督
デビッド・宮原

□キャスト
坂崎愛
堀川果奈
安達花穂
河原幸子
藤井直子
斉藤和希
樋口真衣
広田あきほ
斉藤みかん
上田奈々
小野寺隆一
中野圭
安藤聖
織田稚成
津田恭佑
西本涼太郎
新地秀毅
仲田敬治
勝俣美秋
高橋2号
金子透
有賀さやか
佐野みかげ
蟹沢れい子
神山真琴
小堀英恵
Sham Tear
成田プリン
浅野七海
西本早輝

□ホームページ
https://sevengirls.info

『愛と、酒場と、音楽と』

□監督
井之脇海
沖正人
海老澤憲一
小川紗良

□キャスト
沖正人
井之脇海
雑賀克郎
桑山元
宮崎恵治
豊田崇史
相馬有紀実
野辺富三
SHIHO
杉山裕右
藤井健人
岡遼平
井上学
松前衣美
佐久間悠
黒さき海斗
小川紗良
麓俊浩
中村栄子
除川慶子
小川すみれ

□ホームページ
http://aisakabaongaku.com

『黙ってピアノを弾いてくれ』

□作品概要

挑発的な⾔動、強烈すぎるキャラクター、そして唯⼀無⼆の⾳楽性で知られる天才ピアニスト・作曲家、チリー・ゴンザレス。90 年代後半以降、カナダからドイツへとわたった彼は、クラシックとジャズで培ったピアノ技術とラッパースタイルでアンダーグラウンドシーンから頭⾓を現し、<異端>の天才として時代の寵児となった。<狂気>とも呼ばれる⾔動とは裏腹に、奏でられるピアノの⾳⾊の繊細な美しさ。⼈々を魅了してやまないそのメロディの向こうには、独創性とユーモア、そして⼈間性に満ち溢れた、知られざる彼の生き様そのものが溢れていた――。

□監督
フィリップ・ジェディック

□キャスト
チリー・ゴンザレス
ピーチズ
トーマ・バンガルテル
ファイスト
ジャーヴィス・コッカー

□ホームページ
http://www.transformer.co.jp/m/shutupfilm/

『タリナイ』

□作品概要

アジア・太平洋戦争中、日本の委任統治下にあったマーシャル諸島では、約2万人の日本兵が命を落とした。その一人、佐藤冨五郎さんは飢えで亡くなった。亡くなる数時間前まで書き続けていた日記は戦後、戦友によって家族のもとに届けられた。日本から遠く離れた太平洋の島での最後の日々が、克明に綴られている。 2歳で父と別れ、74歳になった息子の勉さんは、日記を手がかりに父の最期の地をめぐる旅に出る。マーシャル諸島に住んだことがある若者たちが案内役となった。 道中目に飛び込んでくるのは、旧日本軍が遺した建物を使った家、 錆びついた砲台で遊ぶ子供たち、地中に埋まった電線を掘り出して作った手工芸品、日本語の恋の歌を歌う人びと…マーシャルの暮らしのいたるところに、戦争の記憶が顔を覗かせていた。 ひとりの日本兵の魂を追いかけつつ、不意にマーシャルの人々の「記憶」に触れ、慌てる。 これは、ただの慰霊の旅なのか?美しい海と陽気なウクレレが心にざわめくドキュメンタリー。

□監督
大川史織

□ホームページ
https://www.tarinae.com

『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』

□作品概要

小さい頃から、他の人には見えない妖(あやかし)を目に映すことができた夏目貴志。 亡き祖母レイコが勝負をしかけ、負かした妖に名前を書かせた契約書の束「友人帳」を継いで以来、自称用心棒・ニャンコ先生とともに、妖たちに名を返す日々――。 人と妖の間で忙しい毎日を送る夏目は、偶然昔の同級生・結城と再会したことで、妖にまつわる苦い記憶を思い出す。そんな頃、夏目は、名前を返した妖の記憶に出てきた女性・津村容莉枝と知り合う。レイコのことを知る彼女は、いまは一人息子の椋雄とともに穏やかに暮らしていた。彼らとの交流に心が和む夏目。だが、親子の住む町には謎の妖が潜んでいるらしかった。そのことを調べに行った帰り、ニャンコ先生の体についてきた”妖の種”が、藤原家の庭先で、一夜のうちに木となって実をつける。どことなく自分に似た形のその実を食べてしまったニャンコ先生が、なんと3つに分裂してしまう――!?

□監督
大森貴弘
伊藤秀樹

□キャスト
神谷浩史
井上和彦
小林沙苗
藤村歩
村瀬歩
伊藤美紀
伊藤栄次
堀江一眞
佐藤利奈
木村良平
沢城みゆき
石田彰
ゆきのさつき(雪野五月)
川澄綾子
岡村明美
黒田崇矢
チョー
松山鷹志
下崎紘史
知桐京子
小峠英二
西村瑞樹
島本須美
高良健吾

□ホームページ
https://natsume-movie.com

『愛と法』

□作品概要

カズとフミは大阪の下町で法律事務所を営む弁護士夫夫(ふうふ)。仕事も生活も二人三脚のふたりのもとには、全国から“困っている人たち”が相談にやってくる。セクシュアル・マイノリティ、養護が必要な子どもたち、戸籍を持てずにいる人、「君が代不起立」で処分された先生、作品が罪に問われたアーティスト…。それぞれの生き方と社会のしくみとの間で葛藤を抱える人たちだ。ふたり自身も法律上は他人同士のまま。そんなある日、ふたりの家に居候がやってくる。突然居場所を失った少年・カズマくん。三人の新しい生活がはじまった…

□監督
戸田ひかる

□キャスト
南和行
吉田昌史
南ヤヱ
カズマ
ろくでなし子

□ホームページ
http://aitohou-movie.com

『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』

□作品概要

大手広告デザイン会社で仕事をする目黒は、婚約者のいる身でありながら、ある日清楚で保守的だがどこか妖艶な雰囲気を持つ人妻・明乃に出会い、強引に口説いて関係を持つようになる。明乃は目黒の見立て通りどんどん積極的なっていき、目黒は明乃との逢瀬にのめり込んでいくが、そんな折目黒の会社に得意先広告代理店の部長で瀬尾と名乗る男が突然訪ねてくる。男は明乃の夫であった。瀬尾は目黒に、不倫の報復としてその場で社会的全てを奪うと宣言し、そうされたくなければ妻・明乃との関係を続け明乃を調教するように命令する。目黒は理解に苦しむが従うほかない。その日から、瀬尾の指示のもと、明乃の更なる調教が始まった。それは、目黒にとって泥沼の恋愛にも似た破滅への道となっていった。一方明乃は、本人でも抑制できないほど奴隷としての素養を開花させていくが…。

□監督
城定秀夫

□キャスト
行平あい佳
百合沙
三浦誠己

□ホームページ
http://www.watadore.jp

『こども食堂にて』

□作品概要

「こども食堂」の手伝いをする千晶の目には、夕食を食べに来る様々な事情を抱えた子どもたちの姿が映った。 腕に痣がある小学生、それに気づく千晶。優しくケアし、帰り道を送っていくが、その途中母親に出会う、千晶は母親から厳しい言葉を浴びせられてしまう。ある中学生の女子は、自分が児童養護施設に入っていたことを笑顔であっけらかんと話す。しかし、父親からいつ虐待を受けるかわからな い状況であった。ある時、玄関でいつまでも靴を履かない幼児がいた。その子を叱る母親。その姿を見たスタッフは母親に声をかけ話を聞く。母親はシングルマザーでいくつもの仕事をかけもちし、慢性的なストレスがたまっていた。スタッフとの会話で自分を取り戻し、優しく子どもを抱きしめる母親。 生きることに苦しみながらも、明るく振舞っている子どもがいる。どこか陰のある子どももいる。千晶は優しく声をかけ、自分の体験した ことを話す。何が自分にできるのかと、もがきながら。そんな千晶の癒しになってるのが、こども食堂の近所にあるアクセサリーショップ。 商品を見たりオーナーと話すことで、別世界に触れ、千晶の心は安らぐ。 子ども食堂店主が買い出しに行っている間、千晶は、店主の留守中にやってきた店主の母親と話をする。 これからの人生の生き方を学ぶ。ある日、千晶は里親のもとで暮らす一人の高校生の悩みを聞く。生みの母親が見つかった、会いたいという。そんな少年に千晶は言葉をか ける・・・・ 少年は、迷いながら、里親にも自分の気持ちを伝える。そして、こども食堂で、実母と会う・・・・・・・・。千晶自身も、離れて暮らしていた父は行方不明、母が病に倒れるなど、かつて自分を虐待してきた親の消息も入ってきた。千晶はどんな行 動をとるか、自分自身も決断を迫られる・・・・。

□監督
佐野翔音

□キャスト
本下はの
北原佐和子
平田友子
高橋万里子
愛羅
風間しおり
柴田理恵
川上麻衣子
五大路子
大地伸永

□ホームページ
https://camp-fire.jp/projects/view/76886

『皆殺しの掟』

□作品概要

かつて孤児だったジョンとリーはギャングのボスに拾われ、義兄弟として育てられる。 まったく違う性格に育った2人だったがボスの右腕、左腕として頭角を現していく。 ある日、組織の跡継ぎとしてジョンが指名される。 ファミリーへの忠誠心が強いリーは強い反発を示すリー。 やがてそれは組織を巻き込んだ抗争へと発展する・・・

□監督
ジェームズ・マーク

□キャスト
ジャン・アイディン
フォン・チャン
チャー・リー・ユン

□ホームページ
http://www.at-e.co.jp/wwc/2018/

関連記事

岡田准一『散り椿』に北大路欣也、仲代達矢、小栗旬ら絶賛のコメント!新カットも解禁

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com