英雄か、怪物か?『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』予告映像

世界最大のファストフードチェーン・マクドナルドの誕生のウラを描く映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の予告映像が解禁となった。

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』予告映像

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロック(マイケル・キートン)は、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック(ニック・オファーマン)&マック(ジョン・キャロル・リンチ)兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいく――

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ サブ5

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、世界最大のファストフードチェーン・マクドナルドの誕生のウラを描く、実話をもとにした作品。メガホンを取るのは『ウォルト・ディズニーの約束』『しあわせの隠れ場所』のジョン・リー・ハンコック監督。

ギラギラとした野心と圧倒的な情熱を持ち、アクは強いが人々を魅了する主人公、レイ・クロックを『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートンが演じる。そのほか、レイの妻役を『わたしに会うまでの1600キロ』のローラ・ダーン、マクドナルド兄弟を『ロング・トレイル!』のニック・オファーマン、『テッド2』のジョン・キャロル・リンチが演じるなど、実力派俳優陣が脇を固める。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ サブ1

予告映像では「どうやって世界一のファウンダーにのぼりつめたのか」と画面に向かって語りかけ、成功のためなら手段を選ばず、時に痛ましくもありながら、魅了とカリスマ性を同時に放つ、マイケル・キートン演じるレイ・クロックの姿が収められている。

映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は2017年7月29日(土)角川シネマ有楽町、角川シネマ新宿、渋谷シネパレスほか全国公開。

(C) 2016 Speedee Distribution, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

関連記事

マクドナルド誕生のウラを描く。映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
表情で魅せる名俳優、ギョーム・カネ『世界にひとつの金メダル』
修道院で起きた衝撃の実話描く、映画『夜明けの祈り』
予告解禁!映画『ママは日本に嫁に行っちゃダメと言うけれど。』SNSで出会い国際結婚した恋愛実話
麻薬捜査官の手記に基づいたサスペンス映画『潜入者』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事