アル・ゴア再び!「不都合な真実」続編、公開決定

地球と人類の未来を予見するドキュメンタリー『不都合な真実』の続編となる映画『不都合な真実2:放置された地球』(原題:An Inconvenient Sequel: Truth to Power)の日本公開が決定した。

映画『不都合な真実2:放置された地球』日本公開決定

不都合な真実2:放置された地球 仮メイン

映画『不都合な真実2:放置された地球』は、アル・ゴア元アメリカ副大統領が出演し、地球と人類の未来を予見するドキュメンタリー『不都合な真実』の続編となる作品。

前作『不都合な真実』は、2006年にカンヌ国際映画祭で特別上映され、第79回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞と主題歌賞の2部門を受賞。ドキュメンタリー映画史上に残る記録的大ヒットを記録し、2007年には地球環境問題啓発に貢献したとして、アル・ゴアにノーベル平和賞が授与された。

不都合な真実2:放置された地球 仮サブ1

本作では、アル・ゴアが再び登場。必死の形相で声を荒げ、祈るように使命を全うしようとするアル・ゴアの姿から、前作から10年の間に地球環境で何が起こったのかに迫る。メガホンを取るのはボニー・コーエン監督と『南の島の大統領 沈みゆくモルディブ』のジョン・シェンク監督。

映画『不都合な真実2:放置された地球』は、2017年秋TOHOシネマズみゆき座ほか全国公開。

(C) 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

関連記事

N・W・レフンの素顔に迫るドキュメンタリー公開決定
ディズニー・アニメが起こした奇跡を描いた感動のドキュメンタリー!『ぼくと魔法の言葉たち』
中国へ売られた女。脱北ブローカー、そして韓国へ
オペラ座バレエ団描くドキュメンタリー、予告映像解禁
タトゥーをまとった、孤高の天才バレエダンサーの素顔

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事