『ガンジスに還る』の舞台に潜入!インドのバラナシに行ってみた

© Red Carpet Moving Pictures

映画批評家サイト「ロッテン・トマト」で驚異の満足度100%を打ち出したインド映画『ガンジスに還る』が、2018年10月27日(土)に公開される。その舞台であり、聖なるガンジス河が流れるディープタウン、バラナシへの潜入取材レポートを入手した。

本作は、誰にでも訪れる“死”というテーマを、ユーモアと人情味溢れるタッチで描き、不器用な親子と、個性的な人々が織りなす心温まる物語。ヴェネチア国際映画祭では10分間のスタンディングオベーションが鳴り響き、ビエンナーレ・カレッジ・シネマ部門エンリコ・フルキニョーニ賞を受賞。「人生、死、そして絆についての心温まる宝石のような一品」(GlamSham)、「あなたが今年目にする中で最高の1本!」(Mid-day)と、世界中から称賛が寄せられている。本作の魅力は、タイトルにもある壮大なガンジス河が流れる聖地・バラナシの異国情緒漂う雰囲気。生死が混在するバラナシの土地そのものが映画の主題になっており、第二の主役ともいえる存在である。

街の主役!大勢の人が訪れる聖なるガンジス河

バラナシの町の雑踏を抜けると、眼の前に広がるはガンジス河。ヒマラヤを源流に持つその大河は実に壮麗な風格で迎えてくれる。とりわけ朝日が昇る光景がとても美しく、聖なる河として崇められる場所として知られている。ヒンドゥー教ではガンジス河で沐浴すると全ての罪が流されるとされているため、朝から河に全身を沈める大勢の教徒たちが集う。その光景は満員電車並み。河に集まるのは彼らだけでなく、河の水で洗濯をする人々、儀礼を行う人々、広場で憩う人々、そして死者の火葬のために訪れた人々と、実にさまざま。祈りと哀悼と生活が混然一体となった、人間たちから放たれるスピリチュアルなエネルギーや生命力に圧倒される超パワースポットエリアだ。

朝のガンジス河は満員電車並みの混雑に。

おススメはボートから見た雄大な景色!

死を待つ家とは?インドに数多く存在する“解脱の家”に潜入!

『ガンジスに還る』で父と息子が訪れるは、死を待つ人が滞在する“解脱の家”。人々の目的は“解脱”すること。“解脱”とは、ヒンドゥー教の教えで輪廻の連鎖から解放されることであり、そのことで魂の自由が得られるらしい。ガンジスの側には映画の撮影地として使われたナンディーシュワル・ガートが存在しているが、そこは普段は結婚式などで使用されている建物。

劇中でロケ地になった解脱の家。普段は結婚式などで使用されている。

それとは別に、今回の取材では本物の“解脱の家”へ潜入。そこで実際に暮らす初老の男性に話を聞くことができた。彼もまた、ここで死を迎えるために仕事をやめてバラナシに妻とやって来たそう。ほとんど映画のストーリーに近いことに驚き。一度入所すると死を迎えるまで退去する必要はないらしく、そこでは老人たちが慎ましい暮らしを送っているのだという。聖地で過ごす、穏やかな死をゆっくりと待つばかりの老後…。日本人には想像しにくい部分もあるが、彼のゆったりとした佇まいを見るにつけ、そこには豊かな時間が流れているように感じられる。映画では息子ラジーヴが父の世話をしながら、そのゆるやかさに身を任せることで心をほぐしていくのだが、実際にその空気に触れると肌感覚で「こういうことか」と理解することができる。忙殺されている現代人が忘れている安らぎが、そこにはある。

実際に解脱の家に住んでいる男性

河沿いで焼かれる死体…オープンすぎる火葬場に衝撃!

何より驚きなのは、毎日遺体が運ばれ、そして焼かれる火葬場の光景。実際に衣にくるまれた遺体が焼き場の近くに置かれている。火葬場といっても閉鎖的な部分はまるでなく、とてもオープン。死は当たり前のようにそこに存在し、バラナシの人々はそれと共存しているのである。聖地でしかあり得ない光景に思わず言葉を失うが、不思議と恐怖感はない。すべての人間の終着点である死が、ごく自然にある――そんなさりげない厳かさが、そこに横たわっているのだ。

煙に包まれた火葬場の光景は衝撃。特別に撮影が許可された。劇中でも、実際の火葬場で撮影が行われた。

昼の雰囲気はガラリと一変!幻想的な情景にウットリ…

ガンジスは夜もおススメ! ヒンドゥー教の礼拝の儀式である祭り“プージャー”が夜な夜な行われているのである。バラモンたちが燭台に火を灯し、祈りを捧げる姿を大勢が集まって見守る。祭礼は次第に盛り上がり、高揚感のある音楽が流されて大団円を迎えることとなる。『ガンジスに還る』の劇中、父ダヤとラジーヴの妻子も含めた家族でプージャーを観賞して楽しむシーンがあるが、儀式が醸す幻想的な空気もあって印象的な一幕だ。ここで家族は久しぶりに楽しい時間を共有することになる。バラナシという特別な場所で同じ時間を過ごすことで、彼らは家族としての絆を再確認し、また、それぞれが人間らしく生きるとはどういうことかを考え直すのである。

幻想的な迫力溢れる光景に圧巻!

夜な夜な繰り広げられ、観光客であふれかえっている

本作を観れば、きっとバラナシを訪れたくなるはず。映画『ガンジスに還る』は、2018年10月27日(土)より、岩波ホールほか全国順次ロードショー。

© Red Carpet Moving Pictures

© Red Carpet Moving Pictures

ストーリー概要

ある日、自らの死期を悟った父ダヤは、ガンジス河の畔の聖地バラナシへ行くと宣言する。家族の反対もよそに、決意を曲げない父。仕方なく、仕事人間の息子ラジーヴが付き添うことに…。辿り着いたのは、安らかな死を求める人々が暮らす施設「解脱の家」。はじめは衝突しあうも、雄大に流れるガンジス河は、次第に父子の関係をほぐしていく。旅立つ者の心の動き、それを見守る家族のまなざし。果たして、ダヤは幸福な人生の終焉を迎えられるのかー?

関連記事

『普通に生きる』ことを問いかける映画を5本集めてみた

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com