初シーン満載!映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』新映像解禁 #攻殻機動隊

士郎正宗原作の「攻殻機動隊」をベースに実写化した映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の新映像が解禁となった。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』新映像、解禁!

機械の体を持つ、世界最強の捜査官(スカーレット・ヨハンソン)。残されたのは、脳と、わずかな記憶だけ。「わたしは誰だったのか?」全世界を揺るがすサイバーテロ事件が、残された記憶を呼び覚ます。彼女には驚愕の過去が隠されていた――

ゴースト・イン・ザ・シェル

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は、士郎正宗原作の「攻殻機動隊」シリーズをもとに、公安9課とサイバーテロリストたちの戦いを描くSFアクション。

オリジナルでは“草薙素子”の名をもつ主人公の少佐役をスカーレット・ヨハンソンが演じるほか、少佐の上司である荒巻役をビートたけし、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」で登場する天才ハッカー、笑い男ことクゼ役をマイケル・ピット、少佐の片腕ともいえるバトー役をピルー・アスベック、映画オリジナルキャラクターであるオウレイ博士役を、ジュリエット・ビノシュが演じる。メガホンをとるのはルパート・サンダース監督。

このたび初公開シーンを含む、本作の新映像が解禁となった。

ゴースト・イン・ザ・シェル サブ

映像では、スカーレット・ヨハンソン演じる少佐が敵らしき人物に渾身の一撃を食らわせる姿やシリーズファンにはおなじみの多脚戦車による激しい銃撃シーン、そして、最後には「奴らは命を救ったんじゃない。奪ったんだ」と言い放つクゼと思われる人物により少佐の顔のパーツが外される衝撃的なシーンを確認することができる。

主演を務めるスカーレット・ヨハンソンは「人間とかけ離れたものを演じて、人間らしさのニュアンスを出してはいけない難しい体験だったわ。今までにない特別な体験よね。深く突き詰めていけたんじゃないかしら。誇りに思っている作品よ」と振り返り、本作にかけるハリウッドの本気度を窺い知ることができる。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は、2017年4月7日(金)より全国公開。

(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

関連記事

攻殻機動隊、ハリウッド実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』ティザーポスター完成
攻殻機動隊、実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』公開日決定!幕間映像も到着
M.ナイト・シャマラン『スプリット』が3週連続1位を獲得!全米興収ランキング速報[2/3・4・5版]
『沈黙‐サイレンス‐』と篠田版『沈黙』、そして日本文学の海外映画化などなど
ハリウッドを騒がす日系映画人―シンタロウ・シモサワ監督インタビュー

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事