『ガリーボーイ』公開決定!ウィル・スミスもインスタで大絶賛!

【公開情報】
『ガリーボーイ』
10/18(金)より 新宿ピカデリー他全国ロードショー

インドのスラムで生まれ育ったある青年がラップと出会い、それまでの人生が一変。フリースタイルラップの大会で優勝を目指す、実話を基にしたサクセスストーリー『ガリーボーイ』が、10月18日(金)より全国公開されることが決定した。

本作は、インドで活躍するアーティストNaezyの驚きの実話を基に描かれ、海外で封切りになるやいなや全世界で大ヒット。主演はFacebookだけで900万のフォロワーを誇るインド映画界の大スターランヴィール・シン。北インド界の実力派女性監督ゾーヤー・アクタルがメガホンをとり、プロデューサーにはUSヒップホップ史に燦然と輝くラッパーNASが名を連ねる。

インドのムンバイに実在するスラム街ダラヴィで生まれ育ったムラドは、真っ当な職に就いてほしいと願う両親に大学に通わせてもらいながらも、自身で変えることも抜け出すこともできない貧しい生活に怒りと諦めを抱えて生きていた。そんな中、ラップと新たな友人との出会いが彼の心と魂を震わせる。笑われ、親に反対され、かけがえない友情や恋も経験し、ムラドは〝ガリーボーイ(路地裏の少年)”として突っ走るこ とを決意する―。

本作の見所でもある圧巻のラップシーンが収められた本国版の予告編+MVのネット動画再生回数は驚異の 1.1 億回を超え、さらには ウィル・スミスも自身のインスタで「ランヴィール・シンの ガリーボーイは最高!ここには真のヒップホップがある。ガリーボーイ大好きだ!」と大絶賛しており期待が高まるばかりだ。

物語の背景にはインドが抱える格差、宗教的差別、抑圧された社会から解放されたいと願ういまを生きる若者の姿が描かれ、どうしようもない現実に真っ向から立ち向かう姿に胸を打たれる。

ストーリー

インドのムンバイにあるスラム出身のムラド(ランヴィール・シン)は、雇われ運転手の父を持つ貧しい家の青年。両親はムラドが今の暮らしから抜け出し成功できるよう、 彼を大学に通わせる為に一生懸命に働いていた。しかしムラドは、親の想いを知る由も無く、地元の悪友とつるみ、親に内緒で身分の違う裕福な家庭の恋人と交際していた。俺の人生はこの先も変わらない…そう思っていたムラドだが、ある日大学構内でフリースタイルラップのパフォーマンスをしていた学生MC Sher(シッダーント・チャトゥルヴェーディー)と出会い、ラップの世界にのめり込んでいく―親からの反対、友情、恋、様々な経験をし、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す。

公開情報

主演:ランヴィール・シン(『パドマーワト 女神の誕生』)
監督: ゾーヤー・アクタル(『慕情のアンソロジー』)
出演:アーリア-・バット、シッダーント・チャトゥルヴェーディー、カルキ・ケクラン
2018/インド/154 分/日本語字幕:藤井 美佳/字幕監修:いとうせいこう/5.1ch/シネスコ/原題 Gully Boy 配給:ツイン
公式サイト gullyboy.jp twitter:@gullygullymein

他の記事も読む

関連記事

『アラジン』ディズニー実写最高傑作になった「5つ」の理由!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com