『ガリーボーイ』ポスター&予告編|いとうせいこうが字幕監修!

【予告編・ポスター】
『ガリーボーイ』
10/18(金)より 新宿ピカデリー他全国ロードショー

インドのスラムで生まれ育ったある青年がラップと出会い、それまでの人生が一変、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す、実話を基にしたサクセスストーリー『ガリーボーイ』の予告編とポスタービジュアルが到着した。

インドで活躍するアーティストNaezyの驚きの実話を基に描かれ、海外で封切りになるやいなや全世界で大ヒット。主演は Facebook だけで1,000万人のフォロワーを誇る、次世代のキング★オブ★ボリウッドの呼び声高いランヴィール・シン。北インド界の実力派女性監督ゾーヤー・アクタルがメガホンをとり、プロデューサーにはUSヒップホップ史に燦然と輝く名曲の数々で知られるラッパーNAS(ナズ)が名を連ねる。

また本作の字幕監修を作家、クリエーターのいとうせいこうが担当することが決定。いとうは「ラップが決め手のストーリーですから、どう訳すと頭に入りやすいか、体がノリやすいか、今から楽しく悩んでいます。乞うご期待。」とコメントを寄せている。

物語の背景にはインドが抱える格差、宗教的差別、抑圧された社会から解放されたいと願う今を生きる若者の姿が描かれ、どうしようもない現実に真っ向から立ち向かう姿に胸を打たれる。

ストーリー

インドのムンバイにあるスラム出身のムラード(ランヴィール・シン)は、雇われ運転手の父を持つ貧しい家の青年。両親はムラードがまっとうな仕事に就くことができるよう、彼を大学に通わせる為に一生懸命働いていた。しかしムラ-ドは、親の想いを知る由も無く、地元の悪友と車上荒らしに手を染め、内緒で身分の違う医者の父を持つ恵まれた家庭出身の彼女まで作っていた。俺の人生はこの先も並み、何も変わらない…そう思っていたムラ-ドだが、ある日大学構内でフリースタイルラップのパフォーマンスをしていた学生MC Sher(シッダーント・チャトゥルヴェーディー)と出会い、ラップの世界にのめり込んでいく―親からの反対、友情、恋、様々な経験をし、フリースタイルラップの大会で優勝を目指す。

公開情報

『ガリーボーイ』
主演:ランヴィール・シン(『パドマーワト 女神の誕生』)
監督: ゾーヤー・アクタル(『慕情のアンソロジー』)
出演:アーリア-・バット、シッダーント・チャトゥルヴェーディー、カルキ・ケクラン
2018/インド/154 分/日本語字幕:藤井 美佳/字幕監修:いとうせいこう/5.1ch/ビスタ/原題 Gully Boy 配給:ツイン

他の記事も読む

関連記事

『ガリーボーイ』公開決定!ウィル・スミスもインスタで大絶賛!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com