「ハケンの品格」全8話で放送終了する見込み

篠原涼子主演の大ヒットドラマ「ハケンの品格」の13年ぶりの第2弾が2020年6月17日から放送開始されたが、全8話と通常より少ない放送回で終了する見込みだ。

最終回の放送日は公式には明らかにされていない。しかし、「ハケンの品格」終了後に同時間帯で放送される浜辺美波×横浜流星ダブル主演「私たちはどうかしている」の初回放送が8月12日からと発表された。

これに基づき、逆算すると8月5日までしか「ハケンの品格」の放送ができないこととなり、全8話となる。それより一週前に終了となると全7話の可能性も0ではない。

通常の連続ドラマは全10話〜11話である。木村拓哉のテレビ朝日系ドラマ「BG」は全7話となることが既に発表されており、どちらも新型コロナウイルスの影響を受ける形となった。

新型コロナウイルスの影響により、あらゆるスケジュールが再調整を強いられる中での苦渋の決断と推測され、各方面での苦労は計り知れない。

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com