『イップ・マン外伝 マスターZ』本予告&マックス・チャン、ウーピン監督オフィシャルインタビュー

【本予告・オフィシャルインタビュー】
『イップ・マン外伝 マスターZ』

3月9日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

『イップ・マン外伝 マスターZ』より、本予告とマックス・チャン&ユエン・ウーピン監督オフィシャル・インタビューが到着した。

マックス・チャン&ユエン・ウーピン監督オフィシャル・インタビュー

『イップ・マン外伝 マスターZ』は、カンフー・アクションの巨匠」であるユエン・ウーピンの最新監督作。主人公、チョン・ティンチを演じるのは、人気・実力ともにアジアアクション界のトップに登りつめたマックス・チャンだ。長年の“師弟関係”にもある二人が、日本のファンに向けて香港でインタビューに応じた。
(2018年12月16日 香港にて実施/インタビュアー斉藤博昭)

●マックス・チャン“人間ドラマや戦う敵との関係など多面的なストーリーが展開するのでティンチの性格や生き方を表現できたと思う”

──2015年の『イップ・マン 継承』で演じたチョン・ティンチ役が今回、主人公になりましたね。

「チョン・ティンチというキャラクターが多くの人に愛されたからだと思う。その役で再び映画に呼ばれたことは、この上なく光栄だ。前回のティンチに比べて、今回は息子や友人との人間ドラマ、戦う敵との関係など多面的なストーリーが展開するので、ティンチの性格や生き方を表現できたと思うな」

──「戦う敵」として、国際的キャストが集まりました。彼らの印象を聞かせてください。あなたは『グリーン・デスティニー』で、その中の一人、ミシェル・ヨーのスタントダブルも務めています。

「トニー・ジャーとは2回目の共演なので、アクション場面でのおたがいの呼吸がわかっていた。だから遠慮なく自分の技で応酬できたよ。ミシェル・ヨーは久しぶりにカンフー・アクションに戻ってきてくれて感謝の気持ちしかない。現場での彼女は前向きで精力的だった。いちばん大変だったのは、デイヴ・バウティスタとの戦いで、肉体のサイズが違うし、何度も投げられてバーのカウンターやテーブルに激しくぶつけられたね」

──ユエン・ウーピン監督の現場ということで、何か特別なことは?

「これまでのウーピン監督との仕事で、僕の役割はメインではなかった。でも今回は最初から最後まで戦いの見せ場があって満足だ。自分の出番がなくても現場に立ち会い、ウーピン監督と一緒にアクションのアイデアを考え、研究を続けたりしたよ。ただ撮影中は主役としてプレッシャーも大きかった。完成したときの観客の反応が気になって仕方なかったんだ」

──あなたの子供時代のヒーローは?

「少年時代に『少林寺』を観て、ジェット・リーにあこがれた。でも別の映画を観ると、そのヒーローが好きになるなど目移りしていたのも事実だよ」

●ユエン・ウーピン監督“チョン・ティンチには正義の面と屈折した面があるので、主人公のキャラクターにふさわしいんだ。”

──チョン・ティンチが主人公の映画を作ることは、『イップ・マン 継承』の際に想定していたのですか?

「いや、そういうわけではない。『イップ・マン 継承』が完成して、みんなで観ていたときに、どこからともなく『チョン・ティンチでもう一本、映画ができるんじゃないか』という声が出た。詠春拳を捨てたティンチの運命は劇的にもなるし、彼には正義の面と屈折した面があるので、主人公のキャラクターにふさわしいんだ」

──マックス・チャンはあなたの下でキャリアを積んできました。他のアクションスターとの違いは何でしょう。

「『グリーン・デスティニー』でミシェル・ヨーやチャン・ツィイーのスタントを任せた頃から、マックスのアクションは美しく魅力的だった。その後、中国のTVドラマに出演していた時代も私は彼の活動を見守り、演技の成長を確認していたんだ。マックスには、ジャッキー・チェン、ジェット・リー、ドニー・イェンとも違う、アクションスターの個性がある。カンフーの動きは細かい部分まで超一流。しかも現代的で自分のスタイルがあるんだよ」

──チョン・ティンチには、さまざまな状況でアクションの見せ場があります。最も大変だったシーンは?

「高さ20メートルくらいの位置に取り付けた看板でのシーンだ。チョン・ティンチと敵が看板から看板へ跳び移るなど、本当に危険な動きがいっぱいあったね」

──イップ・マンは、あなたにとってどんな存在でしたか?

「子供時代は知らなかったが、20代になっていろいろな映画を観て、イップ・マンや詠春拳の思想を知った。香港の人にとって詠春拳のイメージは表面的なので、こうして映画で詠春拳の深い部分や、イップ・マンへの尊敬の念を伝えたいと思ってる」

ストーリー

詠春拳の正統争いでイップ・マンに挑み、敗れたチョン・ティンチは武術界を去った。請け負っていた闇の仕事からも足を洗い、ティンチは生活の為小さな食料店を営みながら息子フォンと穏やかな生活を送り始めていた。ある日、ティンチは街を仕切る長楽グループの反逆児キットとその手下に追われていたジュリアとナナの窮地を救う。だが、そのことで彼はキットの恨みを買い、住居兼食料品店に放火され店も住む場所も失ってしまう。ジュリアはそんなティンチ父子を、バーを経営している兄フーに紹介し、仕事と住居の世話をする。一方、長楽グループの女ボス、クワンは組織を合法的企業にしようと考えていたが、弟のキットはそれに反旗を翻し、外国人犯罪組織の黒幕デヴィットソンと組んで麻薬の密売に手を染め始める。やがて、キットとデヴィットソンの卑劣な策略によってナナやフーが命を落としてしまい…ティンチは封印していた武術を正義の為につかうべく、単身、悪の巣窟へと乗り込んで行く。

公開情報

『イップ・マン外伝 マスターZ』
3月9日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
監督:ユエン・ウーピン/製作:レイモンド・ウォン、ドニー・イェン/アクション監督:ユエン・シュンイー/
脚本:エドモンド・ウォン、チャン・タイリー
出演:マックス・チャン/デイヴ・バウティスタ/トニー・ジャー/ミシェル・ヨー/シン・ユー
原題:Master Z : The Ip Man Legacy/2018年/香港・中国/カラー/シネスコ/広東語/108分/字幕翻訳:鈴木真理子 配給:ツイン
■公式HP:www.ipman-masterz.com
© 2018 Mandarin Motion Pictures Limited All Rights Reserved

他の記事も読む

関連記事

『イップ・マン外伝 マスターZ』押さえておきたい「5つ」のポイント!
『イップ・マン外伝 マスターZ』メイキング特報|最終版【全部乗せの巻】解禁!
『イップ・マン外伝 マスターZ』メイキング特報|第三弾【デイヴ・バウティスタの巻】解禁!
『イップ・マン外伝 マスターZ』メイキング特報|第ニ弾【ミシェル・ヨーの巻】解禁!
『イップ・マン外伝 マスターZ』メイキング特報|第一弾【トニー・ジャーの巻】解禁!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com