『人生はシネマティック!』本編映像が到着!執筆経験ゼロの女性脚本家が描く、もうひとつの“ダンケルク”

11月11日(土)公開の映画『人生はシネマティック!』の本編映像と追加場面写真が、シネマズby松竹でいち早く解禁となった。

このニュースのポイント

・映画『人生はシネマティック!』の本編映像、追加が解禁
・今回解禁となったのは、脚本の書き直しを命じられる緊張感あるシーン
・映画『人生はシネマティック!』は11月11日(土)公開

『人生はシネマティック!』についての記事を読む

本作は、第二次世界大戦中のロンドンで、映画製作に情熱を傾ける人々を愛とユーモアあふれる視点で描くヒューマン・ドラマ。

執筆経験ゼロの主人公・カトリンが挑むプロパガンダ映画の脚本、それは【ダンケルクからの撤退】に力を貸した双子の姉妹の映画化だった。

ヒロインと魅力的な仲間たちが、戦争で疲弊した国民を勇気づけるために、トラブルに見舞われながらも、映画づくりに立ち向かう姿が静かなる感動を呼ぶ。

この度、いち早く解禁する本編映像は、ヒロイン・カトリンが苦労しながら書き上げた脚本に、情報省映画局の特別顧問を務めるトムが容赦なく書き直しを命じるシーン。

ピリピりと緊張感のある雰囲気の中、ふたりの掛け合いはどこか微笑ましく、見る者を引き付ける。そんなふたりは、これから待ち受ける様々な困難、トラブルを乗り越えていくー。

“ダンケルクの戦い”を題材にした劇中映画の本編シーンも織り交ぜられ、ふたりのやりとりが映画づくりにも色濃く反映。そんな脚本作りのダイナミズム、面白さも、本作の大きな見どころのひとつとなっている。

■本編映像

■予告映像

『人生はシネマティック!』のあらすじはこちらから

(C)BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016

関連記事

もうひとつの“ダンケルク”。経験ゼロの女性脚本家が挑む1つの映画
『ダンケルク』には英国紳士たちのプライドが詰まっている/a>
日本におけるIMAX歴史とIMAX版『ダンケルク』の魅力
『ダンケルク』は“観る”映画ではない。“体感する”究極の映画だ!
イギリスから見た2017年『ダンケルク』、フランスから見た1964年『ダンケルク』

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com