『ジョジョ・ラビット』1月17日(金) 公開決定!豪華キャストそろい踏みのポスターが到着

【公開情報・ポスタービジュアル】
『ジョジョ・ラビット』
2020年1月17日(金) 全国公開

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(17)のタイカ・ワイティティ監督最新作『ジョジョ・ラビット』の日本公開日が、2020年1月17日(金)に決定し、ポスタービジュアルが解禁された。

本作は、独特のセンスと創造力で次々と傑作を生み出し、マルチな才能で人々を魅了している監督・俳優のタイカ・ワイティティが、第二次世界大戦中のドイツを舞台に戦時下に生きる人々の生きる歓びと人生の真実を弾けるユーモアとともに描き出す、かつてない壮大なヒューマン・エンターテイメント。先日開催された第44回トロント国際映画祭の賞レース前哨戦で、アカデミー賞にも最も近いとも言われる最高賞<観客賞>を受賞している。

第二次世界大戦下のドイツ。心優しい10歳の少年ジョジョは、空想上の友だちであるアドルフ(・ヒトラー)の助けを借りながら、青少年集団ヒトラーユーゲントで、立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、ジョジョは訓練でウサギを殺すことができず、教官から”ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかわれてしまう。ある日、母親とふたりで暮らしていたジョジョは、家の片隅に隠された小さな部屋で、ユダヤ人の少女がこっそりと匿われていることに気づく。ジョジョの頼りとなるのは、ちょっぴり皮肉屋で口うるさいアドルフだけ…。臆病なジョジョの生活は一体どうなってしまうのか!?

解禁されたポスタービジュアルには、ドンと構える天才子役ローマン・グリフィン・デイビス演じる主人公ジョジョを中心に、ジョジョのあだ名で本作のタイトルともなっている”ジョジョ・ラビット”にちなみ、ウサギの耳でいたずらをする本作の監督ワイティティ演じるアドルフ、スカーレット・ヨハンソン演じるジョジョの母親ロージー、サム・ロックウェル演じる横柄な教官のクレツェンドルフ大尉と、ハリウッドを牽引する超豪華なキャストたちが勢揃いしてる。

ユーモアたっぷりな作風を感じさせる一方、現代への力強いメッセージも込めていると明かすワイティティ監督は「私は『ジョジョ・ラビット』のユーモアが新しい世代の絆となってほしいと願うよ。私たちの子供たちが耳をそばだて、学び、まとまって未来へと進むことができるよう、新しい世代のために第⼆次世界大戦の恐ろしさを繰り返し語る、新しく斬新な方法を見つけ続けることが重要だと思うんだ。今こそこの物語が語られるべきだと思う。あとからあの時伝えておくべきだった、と後悔しないためにね」と明かした。

本作は10月28日(月)~11月5日(火)の期間で開催される第32回東京国際映画祭の特別招待作品としてプレミア上映されることも決定している。

公開情報

映画『ジョジョ・ラビット』
■監督・脚本:タイカ・ワイティティ(『マイティ・ソー バトルロイヤル』)
■出演:ローマン・グリフィン・デイビス、タイカ・ワイティティ、スカーレット・ヨハンソン、トーマシン・マッケンジー、サム・ロックウェル、レベル・ウィルソン他
■全米公開:10月18日 ■原題:JOJO RABBIT ■配給:20世紀フォックス映画
■コピーライト:(C)2019 Twentieth Century Fox&TSG Entertainment
■公式Twitter:https://twitter.com/foxsearchlightj
■公式Facebook:https://www.facebook.com/FoxSearchlightJP/
■公式Instagram:https://www.instagram.com/foxsearchlight_jp/
■公式HP:http://www.foxmovies-jp.com/jojorabbit/

他の記事も読む

関連記事

『ジョジョ・ラビット』特報映像&場面写真|2020年1月日本公開決定!

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com