【今週の映画ランキング】『ボス・ベイビー』が首位!『グレイテスト・ショーマン』は興収37億円突破!

先週末(2018年3月24日〜25日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(NEW)『ボス・ベイビー』

2位(→)『リメンバー・ミー』

3位(↓)『映画ドラえもん のび太の宝島』

4位(↓)『ちはやふる -結び-』

5位(→)『グレイテスト・ショーマン』

6位(↓)『映画 プリキュアスーパースターズ!』

7位(NEW)トゥームレイダー ファースト・ミッション

8位(→)『北の桜守』

9位(↓)『去年の冬、きみと別れ』

10位(↓)『ブラックパンサー』

(C)2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

 春休み本番となったこの週末、1位から3位は邦洋のアニメーション映画による熾烈な首位争い。

そんな中、3月21日(木・祝)に初日を迎えた『ボス・ベイビー』が、土日2日間で動員28万7000人、興収3億5400万円をあげ、初登場1位でスタートを切った。初日からの累計は動員67万人、興収7億9600万円となっている。

先週2位スタートを切った『リメンバー・ミー』は、土日2日間で動員28万3000人、興収3億7700万円をあげ、先週に引き続き僅差で2位に。しかし、先週同様興行収入では1位となっている。

 3位には、土日2日間で動員27万2000人、興収3億2200万円をあげた『映画ドラえもん のび太の宝島』がランクイン。累計では早くも動員280万人、興収32億円を突破する順調な興行で新シリーズの興収記録更新を目指す。

 『トゥームレイダー ファースト・ミッション』は、7位に初登場。『曇天に笑う』は3月21日(木・祝)に公開されたが、惜しくも11位からのスタートとなった。 

 既存作品では、6週目を迎えた『グレイテスト・ショーマン』の累計興収は37億円を突破となっている。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com