あなたに役立つ映画・ドラマのプラスαがあるメディア「シネマズプラス」

©cinemas PLUS Committee. All Right Reserved.

2018-05-24

ニュース

この週末に家族と観たい、5月病も吹き飛ばすインパクトのある映画3選



©2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」製作委員会



2018年5月25日(金)に『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』が公開される。本作にちなみ、五月病を吹き飛ばしてくれる、この週末にオススメの映画3選をご紹介する。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(公開中)


世界各国でも大ヒットを記録している『アベンジャーズ』の第三作。それぞれ異なるパワーを持ち、6つ揃うと世界を滅ぼせるほどの力が得られるというインフィニティ・ストーン。アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr.)、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、スパイダーマン(トム・ホランド)らアベンジャーズは他のヒーローたちと共に、インフィニティ・ストーンを手に入れようと企むサノス(ジョシュ・ブローリン)に立ち向かうが…。子供から大人までが大満足できるアクション超大作。



©Marvel Studios 2018



『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』(公開中)


家を失った6歳の少女ムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)と母親ヘイリー(ブリア・ヴィネイト)は、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの近くにあるモーテル「マジック・キャッスル」で生活している。周囲の大人たちが日々の暮らしに苦しむ一方、ムーニーは子供たちと無邪気に遊び、管理人のボビー(ウィレム・デフォー)は彼らを見守っていた。ところがある出来事を機に、ムーニーの日常は一変して…。全編をiPhoneで撮影した『タンジェリン』(2015)のショーン・ベイカーが製作・監督・脚本・編集を務めたヒューマンドラマ。親の思い、子の思い、双方から様々なことを考えさせられる一作であり、非常に見応えのある作品に仕上がっている。



©2017 Florida Project 2016, LLC.



『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』


映画界の巨匠・山田洋次監督が国民的映画『男はつらいよ』シリーズ終了から20年の時を経て作り上げた、ファン待望の喜劇映画『家族はつらいよ』。シリーズ第三弾のテーマは、 “主婦への讃歌”。三世代が同居する一家(平田家)の家事を担ってきた主婦・史枝(夏川結衣)が家出をすることで、家族の暮らしが崩壊してゆく様をユーモラスに描き、笑って、泣いて、しみじみと胸を打つ作品。どんな夫婦も経験のある、お互い譲れない思いのぶつかり合いとそれを取り巻く家族の関係性が楽しくも味わい深い作品に仕上がっている。



©2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」製作委員会



『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』
ストーリー概要


史枝(夏川結衣)は、育ち盛りの息子ふたりと夫・幸之助(西村まさ彦)、その両親3世代で暮らす主婦。ある日、家事の合間にうとうとしていた昼下がり、泥棒に入られ、冷蔵庫に隠しておいたへそくりを盗まれた!!夫から「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか!」と嫌味を言われ、余りに気遣いの無い言葉にそれまでたまっていた不満が爆発した史枝は、家を飛び出してしまう。一家の主婦が不在となった平田家は大混乱!身体の具合の悪い富子(幸之助の母/吉行和子)に代わり周造(幸之助の父/橋爪功)が掃除、洗濯、食事の準備と慣れない家事に挑戦するがそんなこと続くわけがない。家族揃って史枝の存在のありがたみをつくづく実感するのだが、史枝が戻ってくる気配は一向にない。
家族会議、緊急召集!平田家崩壊の危機か!?ダメ夫を持つ全ての女性が笑って共感し、しみじみ泣けて励まされる。映画界の巨匠・山田洋次監督が贈る、新・国民的喜劇シリーズ第3弾。