『ジュラシック・ワールド/炎の王国』、いきなり興収21億円突破!【今週の映画ランキング】

先週末(2018年7月14日〜7月15日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(New)『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

2位(New)『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』

3位(↓)『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』

4位(↓)『万引き家族』

5位(↓)『空飛ぶタイヤ』

6位(↓)『虹色デイズ』

7位(↓)『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』

8位(→)『名探偵コナン ゼロの執行人』

9位(↓)『50回目のファーストキス』

10位(↓)『パンク侍、斬られて候』

 (C)Universal Pictures 

ランキング関連記事

シリーズ最高にして最恐!『ジュラシック・ワールド/炎の王国』「7つ」の魅力!

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』解説!時系列は?過去作の印象はこう変わった!

『万引き家族』モラルに問題のない3つの理由(ワケ)

今週のランキングの状況

今週の映画動員ランキングは、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、土日2日間で動員83万3000人、興収12億1700万円をあげ1位を獲得した。この数字は、前作である「ジュラシック・ワールド」(2015年8月5日公開)の興収対比で144.1%という好記録。7月13日(金)初日から7月16日(祝・月)までの4日間累計では、動員145万人、興収21億円を突破する大ヒットスタートとなった。

「劇場版ポケモン」シリーズ21作目となる『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』は、土日2日間で動員44万人、興収5億円をあげ2位に初登場。初日からの4日間累計では、動員73万人、興収8億3000万円を突破している。

スタートから2週連続で首位を飾った『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は土日2日間で動員12万8000人、興収1億7000万円をあげ3位にランクイン。7月16日(祝・月)までの累計では、動員122万人、興収16億9000万円を突破している。

公開6週目を迎えた『万引き家族』は、土日2日間で動員10万3000人、興収1億3000万円をあげ4位と、まだまだ好調。累計では動員317万人、興収38億円を突破した。

他既存作品では、5位の『空飛ぶタイヤ』が、累計で動員120万人、興収15億円を突破。9位の『50回目のファーストキス』が、動員87万人、興収12億円を突破している。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com