『翔んで埼玉』が前週より興収を上げる快挙!【映画ランキング】

先週末(2019年3月2日〜3日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(NEW)『映画ドラえもん のび太の月面探査記』

2位(↓)『翔んで埼玉』

3位(NEW)『グリーンブック』

4位(↓)『僕の彼女は魔法使い』

5位(↓)『アリータ:バトル・エンジェル』

6位(↓)『フォルトゥナの瞳』

7位(↑)『ボヘミアン・ラプソディ』

8位(↓)『マスカレード・ホテル』

9位(↓)『劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ』

10位(↓)『アクアマン』

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

今週の映画動員ランキングは、『ドラえもん のび太の月面探査記』(東宝)が、土日2日間で動員58万6000人、興収6億9600万円をあげ、堂々の初登場1位を飾った。初日から3日間の累計では動員64万5000人、興収7億5700万円を突破する大ヒットスタートとなっている。

先週1位スタートを切った『翔んで埼玉』(東映)は、土日2日間で動員20万5000人、興収2億8100万円をあげ、2位にランクイン。動員、興収共に1週目を上回る快挙を成し遂げた。学生からシニア層まで幅広い層を集客しており、平日の稼働も好調ということで、配給元では最終興収30億を見越している。

本年度アカデミー賞で、5部門にノミネートされ、作品賞・脚本賞・助演男優賞を受賞した『グリーンブック』(ギャガ)は、土日2日間で動員15万4000人、興収2億円をあげ、3位のスタートとなった。累計では動員23万4000人、興収2億9000万円を突破している。

既存作品では、先週3位でスタートした『僕の彼女は魔法使い』(日活)が4位に、同じく2位でスタートの『アリータ:バトル・エンジェル』(FOX)が5位にランクイン。

公開17週目を迎えた『ボヘミアン・ラプソディ』(FOX)は、アカデミー賞で主演男優賞を含む最多4冠を果たし、先週の9位から7位へと順位をあげている。累計では動員879万人、興収121億5000万円を突破、「風立ちぬ」を抜き歴代興収ランキング19位となった。

他新作では、同名人気恋愛小説を高橋一生、川口春奈の主演で実写映画化した『9月の恋と出会うまで』(ワーナー)が、11位でスタートを切っている。

他のニュース記事も読む

関連記事

『翔んで埼玉』が本当にディスっているものとは?
「埼玉はいじるところしかない」益若つばさが地元愛を語る映画『翔んで埼玉』インタビュー
SNSは映画興行を左右するか。2018年に得た結論は「YES」

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com