『ドラえもん』3週連続で首位を獲得!【今週の映画ランキング】

先週末(2019年3月30日〜31日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(→)『映画ドラえもん のび太の月面探査記』

2位(NEW)『ダンボ』

3位(↓)『翔んで埼玉』

4位(↓)『キャプテン・マーベル』

5位(↓)『バンブルビー』

6位(↓)『映画 プリキュアミラクルユニバース』

7位(↓)『君は月夜に光り輝く』

8位(NEW)『映画 少年たち』

9位(↓)『グリーンブック』

10位(↓)『えいがのおそ松さん』

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

今週の映画動員ランキングは、『映画ドラえもん のび太の月面探査記』(東宝)が、土日2日間で動員27万6000人、興収3億2400万円をあげ、先週末を上回る成績で5週連続の首位を達成した。累計では動員332万人、興収38億円を突破、春休み本番を迎え好調な興行を続けている。

ディズニー・アニメーションの不朽の名作をが実写映画化した『ダンボ』(ディズニー)は、土日2日間で動員14万4000人、興収1億8600万円をあげ2位に初登場。

依然勢いの衰えない『翔んで埼玉』(東映)は、土日2日間で動員12万2000人、興収1億6500万円をあげ3位にランクイン。累計では間もなく動員224万人、興収30億円を超える。

4位の『キャプテン・マーベル』(ディズニー)は土日2日間で動員8万4000人、興収1億2400万円をあげ、累計で動員103万人、興収15億円を突破した。

新作では『映画 少年たち』(松竹)が8位でスタートを切った。

他既存作品では、9位の『グリーンブック』(ギャガ)が累計で動員128万人、興収16億円を突破。10連休を控えるゴールデンウィークでの新たな集客を見据え、4月26日(金)から日本語吹替版を上映することを決定した。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com