『アラジン』圧巻の5週連続首位!【映画ランキング】

先週末(2019年7月6日〜7日)の全国映画興行ランキング(興行通信社発表)の詳細をお届けします。

全国映画興行ランキング

1位(→)『アラジン』

2位(→)『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

3位(NEW)『Diner ダイナー』

4位(↓)『ザ・ファブル』

5位(↓)『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』

6位(→)『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』

7位(NEW)『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』

8位(↑)『新聞記者』

9位(NEW)『劇場版 Free!-Road to the World-夢』

10位(↓)『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』

今週の映画動員ランキングは、『アラジン』(ディズニー)が土日2日間で動員46万8000人、興収6億9900万円をあげ5週連続首位を達成した。対抗作品が次々封切られる中、落ちの少ない安定した興行を続けており、累計では間もなく動員600万人、興収86億円に届く勢いだ。最終興収100億円突破に向け着実に歩みを進めている。

先週2位でスタートした『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(ソニー)は、土日2日間で動員26万2000人、興収3億9400万円をあげ順位をキープ。累計では動員125万人、興収18億円を突破している。

小説「ダイナー」を実写映画化した『Diner ダイナー』(ワーナー)は、土日2日間で13万2000人、興収1億9100万円をあげ3位に初登場。初日から3日間の累計では、動員18万2000人、興収2億6000万円をあげる好スタートを切った。

ほか新作では、人気アイドルグループ「乃木坂46」のドキュメンタリー映画第2弾となる『いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46』(東宝映像事業部)が7位にランクイン。

京都アニメーションによる人気TVアニメシリーズ「Free!」の第3期をリビルドした劇場版『劇場版 Free!-Road to the World-夢』(松竹)は9位にランクイン。

既存作品では、4位の『ザ・ファブル』(松竹)が、累計で興収12億円を、10位の『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(東宝)が興収27億円を突破。また、先週10位でスタートを切った『新聞記者』(スターサンズ/イオンエンターテイメント)は、143サイトでの公開ながら、今週8位へと順位をあげる健闘を見せている。

他のニュース記事も読む

    ピックアップ

    関連記事

    新着記事

    WP Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com